梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

富山地鉄駅舎巡歴(5):栃屋駅,若栗駅。

花と木製電柱と。 2022.09.10 若栗駅

 


9月10日(土),富山地鉄駅舎巡りを始めた。魚津のビジネスホテルを発ち,まずは長屋,浦山,下立口,音沢,内山,愛本,下立駅を巡った。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

下立駅を発ち,続いては栃屋へ。

 

緑色の待合室が印象的な,1面1線の小駅である。

 

東に雲が多いが,西は晴れている。

 

上り列車がやって来た。

ここまで意外にも,殆どの駅で列車に出会うことができている。

 

夏に映えるツートンカラー。

 

出発。

 

素早く加速し,走り去っていった。

 

緑色の待合室,新しいのかと期待していなかったのだが,きちんとした木造である。良い意味で裏切られた。

 

最高じゃないか。

 

「虹から生誕」。

 

原色にアドバルーン。嗚呼,愛おしい。

 

造り付けのベンチ。

 

扇風機と,緑の差し色。

 

夏は休み。

 

駅舎外観。

 

花に飾られた階段を下り,栃屋を後にした。

 

 

若栗駅前の建具店。

 

田園風景。

 

若栗駅である。

 

まっすぐな線路。

 

スロープを上る。

 

待合室。内壁があるので,やや新しい印象だ。

 

しかし外に回れば,架構は木造。方杖が飛び出している。

 

集札箱が随分と低い位置に取り付けられていた。

 

ジャンプは全くもって古いものではないのだが,紫外線を受けて色褪せている。

 

花に飾られて。

 

裏側には自転車置場。

 

踏切とホーム。

何とも言えない美しさのある駅だった。

 

 

 

舌山への移動中,下り列車がやって来てしまった。しかも何と14760形じゃないか…こればかりは,下調べして仕留めたかった。

 

田園風景は素晴らしかったのだが,あいにく太陽がちょうど隠れてしまったのだった。

 

その6に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ