梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

上野原散策(1):上野原駅から「新地道」「お寺道」を歩く。

f:id:anachro-fukurou:20220405230628j:plain

新地道をゆく。 2022.02.05 上野原

 


2月5日(土)。思い立って昼頃に家を発ち,中央線で県境を越え,上野原を散策することにした。出発した時は晴天だったのだが,八王子を過ぎる頃には分厚い雲が空を覆っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230550j:plain

高尾駅で乗り換えるのも久々だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230542j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230546j:plain

211系,大月行で発つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230554j:plain

隧道内にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230559j:plain

暫く車窓は冴えない天気だったが,上野原に着くと陽射があった。

カーブしたホームで列車を見送ってから,散策を開始した。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230445j:plain

駅を降りると,すぐ北側が崖地になっている。石垣の上には旅館がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230603j:plain

点在する商店も,今は活気,気配が感じられない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230448j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230453j:plain

果たして幾つが現役だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230611j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230607j:plain

線路際を西に進みながら標高を上げてゆく細い坂道。この先に続いているとも思えなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230457j:plain

Y字路に一瞬ためらいが生じたが,左の正規ルートを選んだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230615j:plain

階段を登り終え,車通りのある道を少し歩いてから歩道橋を渡り,「新地道」という道を北上することにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230501j:plain

中央道を越える。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230619j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230623j:plain

山裾の街。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230506j:plain

Y字路は直進。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230510j:plain

旅館があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230514j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230633j:plain

飲み込まれた古家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230638j:plain

甲州街道に近付く頃,またもや太陽が雲に隠れた。今日は一日中この調子なのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230642j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230518j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230647j:plain

住宅街の雰囲気。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230651j:plain

ようやく甲州街道に出た。交通量は多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230655j:plain

蔵のある家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230703j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230659j:plain

東側の路地へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230522j:plain

浅間神社。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230707j:plain

「お寺道」を北へ進もう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230526j:plain

何という事のない景色が恋しかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230711j:plain

途端に薄日。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230715j:plain

文化持ち送り発見。見慣れてなお,洗練されたデザインであると感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230530j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220405230719j:plain

坂の上に福泉寺がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230534j:plain

本堂。比較的新しそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230723j:plain

階段から街を振り返る。

 

f:id:anachro-fukurou:20220405230538j:plain

寺のすぐ脇の建物は,半地下のようにすら見えた。

さて,前哨戦はこのくらいにして,そろそろ街の中心部へと歩いてゆこう。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ