梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

会津若松散策(5):市役所旧館,栄町の飲食店街ほか。

細長い街。 2022.10.29 会津若松

 


10月29日(土),喜多方出張の翌日,朝から会津若松を散策。西若松駅から散策を開始し,本町,西栄町,七日町通りを歩いてきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

七日町駅から南下し,東へと戻る。

 

裏通りの色たち。

 

末廣酒造。

 

外観のみ。

 

褐色のヒーロー。

 

とある方の投稿で見ていたバラック状の飲食店街,更地になっていた。

 

正確には,昨晩の下見の時点でそれに気付いて落胆していたのだが,改めて明るい時間に確認しにきたのだった。地面の様子を見るに,更地になったのはそう遠い昔ではないようだ。ストリートビューで見ても,2022年6月時点では現存していたのだ。それが逆に無念さを際立たせた。

青春通り,旧黒河内医院ふたたび,

 

2階の誘惑。

 

東北電力若松営業所(1929)

 

会津若松市役所(1937)

 

威容。

ちょうど工事が進行中だった。

 

周辺の舗装が剥がされ,そこにこの規模の近代建築が聳え立つ様は,何とも異様であった。

 

惚れ惚れする側面の造作。

 

光と陰翳。

 

背面側の新館は解体されていた。

 

全貌を捉えるのが難しい規模感であった。

 

解体を免れた旧館に,明るい未来があらんことを。

 

歓楽街をちらりと覗く。中心街また後程。

 

市役所通りをさらに東へ。

 

陽が出たり曇ったり,忙しない。

 

「うまいっしょ」

 

そして昨晩も見に来たこの一角だ。

 

平屋の飲食店が立ち並ぶ道,大好きだ。

 

nightではなく,knightである。

 

秋晴れ。

 

陽光が出たので,改めて撮り直す。

 

褪せたルビー。

 

歓楽街の紫ほど素晴らしい色はない。

 

青空の下,変わらぬ景色。

 

蔦絡まる道。

 

黄色い白に,褐色の装い。

 

過去を覗いても,窺い知れる事は多くない。

 

名残惜しいがお別れだ。

 

紅葉,若葉,花弁。この一角で最後に目に留まったのは,そんな色彩の競演だった。

 

その6に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ