梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

浜松駅北口:ランプ横丁,猫っ跳び小路,十八番街と三米商店。

f:id:anachro-fukurou:20211015092507j:plain

路地は望遠で。 2021.09.11 浜松・ランプ横丁

 


9月11日(土)。出張の翌日,掛川駅前と遠州森の街並みを散策した後は,天浜線二俣本町へ。天竜区二俣町のクローバー通り商店街と横町通りを歩き,マルカワの蔵を見学。幸運な縁に恵まれ二俣町遊郭の旧妓楼を見せて頂いた後,裏路地を巡って駅に戻ってきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

当初の予定よりも1時間後の列車で二俣本町を後にした。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092444j:plain

列車は左カーブを終えるとすぐに天竜川を渡る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092448j:plain

車両後方の窓越しに,晩夏の景色をしばし堪能。程なくして隣の西鹿島駅に到着した。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092451j:plain

ここで今回は天浜線に別れを告げ,遠鉄電車で新浜松へと向かう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092455j:plain

車両の赤が青空に良く映えて眩しかった。私鉄ならではのポップで愛嬌のある車両正面のデザインをファインダー越しに眺めながら,気付けば笑顔になっていた。

運転席のすぐ後ろの座席を確保し,前面展望を楽しむ。広々とした窓が開放的で心地よかったのだが,小林駅から学生が多く乗って来たので車両を一つ後ろに移動。昼下がりの鉄道に揺られて暫し微睡む。思えば「昼に電車に乗る」なんていう体験も,ずいぶんとご無沙汰になっていた訳だ。今回はラッシュを避けつつ,公共交通利用を少し許容した行程にしてみたのだが,これもTwitterの諸氏の影響を受けたところがある。公共交通に揺られている間の時間というのは,良い意味で無駄が多く,受動的な態度で過ごすことが出来る。非日常という緊張・興奮の中の一時的な弛緩状態,このゾーンに入る事が出来た時,研ぎ澄まされた感性と旅先の空気がはじめて直接的に触れ合うような気がする。6月の東北出張前後の小旅行でも,斎川・越河・貝田宿の「良い意味の無駄」な「弛緩した」時間が最も心に沁みたのだ。そして今回の行程の中で最も強く旅情を感じられたのは,またもや写真に残らない,この遠鉄電車の道中のひと時だった。打算の無い非日常の弛緩した時間を意図的に作ろうとするのは実は難しく,そもそもどうしても「もったいない精神」との戦いになる訳だが,ここは良い塩梅に折り合いを付けられるような大人になりたいものである。

さて,二俣で1時間ほど時間を使ったので,浜松市街の散策に許された時間は30分ほど。効率的に要所を抑える為に(一段落上の話をどこに忘れて来たのかというほど打算的である),終着の一つ手前の第一通り駅で下車。目の前に東横イン浜松駅北口を見ながら,西側の歓楽街へと歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092343j:plain

まずはここ,うなぎ「曳馬野」が目印。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092459j:plain

浜松随一の路地「ランプ横丁」へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092347j:plain

この道幅の路面に描かれた矢印。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092503j:plain

路地は望遠気味で撮る,鉄則。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092511j:plain

奥へと進んでゆくと,雰囲気は十分だが,そこまで建物が密集している印象は無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092351j:plain

うらぶれた感じもしない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092515j:plain

現代的な看板が並ぶ。随分としっかりした鉄骨梁に据え付けられている。些かオーバースペックだな…。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092518j:plain

これまたストリートスナップ界隈の方は素敵な写真に収めるのであろうが,ひとまず記録的でも構わないので,ここに来た証を形にした。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092522j:plain

天下の浜松駅まで徒歩数分の距離にしては寂しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092355j:plain

嘗て古びた公衆便所があった一角。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092358j:plain

地方都市にありふれた景色なのだが,こういった形の,いわば「普通の」建物も記録したくなってしまい,結果として撮影枚数が膨大になってゆくのが最近の悩みである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092526j:plain

ELEVEN

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092530j:plain

続いては,ランプ横丁から一つ西の街区の,「猫っ跳び小路」と呼ばれる裏路地へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092534j:plain

無機質な建物と,店舗の前に植えられた植物のミスマッチが面白かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092537j:plain

この日当たりで良く頑張っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092402j:plain

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092406j:plain

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092541j:plain

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092410j:plain

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092549j:plain

残念ながら猫の姿を見ることは無かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092545j:plain

さらに奥へと進んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092552j:plain

ボガ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092414j:plain

階段に降り注ぐ光が美しかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092556j:plain

人通りはほぼ皆無。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092600j:plain

不思議な路地だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092418j:plain

ここから北上し,海産物問屋・三米商店の看板建築を見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092421j:plain

ガラス越しに中を見ることが出来たが,利活用されているようで一安心である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092604j:plain

さんよね,と読むのだとか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092608j:plain

大都市・浜松の中心街,駅から徒歩数分の場所に,これだけ大規模で背の高い看板建築が残っていることは奇跡的である。これからも末永く愛されていってほしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092612j:plain

最後は,そんな三米商店の正面から東に伸びる「十八番街」の路地へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092619j:plain

振り返れば三米商店が聳え立つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092615j:plain

ここもあまり雑然とした印象は無かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092425j:plain

途中から北に折れる横道。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092623j:plain

店舗の看板と洗濯物が同じ画角に入る,裏路地らしさ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092627j:plain

「海話室」という店の看板の上にイルカが居た。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092631j:plain

この一角が浜松駅北口で一番好きだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092635j:plain

東へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092639j:plain

入口に掛かる有名なアーチは,街の代謝に取り残されているようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211015092642j:plain

ここでタイムアップ。本来は千歳町の歓楽街も歩いてみようと考えてはいたのだが,二俣町が充実していたので勿論仕方がない。次がいつになるか分からないが,またの機会に持ち越しである。

 

新幹線に乗り込む前にトイレで着替えると,右肘の内側あたりを変な虫に噛まれていたらしく,2箇所の小さな瘡蓋の下に直径1cmほどの紫色の痣が出来ていた。全く覚えがないが,遠州森で雨宿りしている際にでもやられたのだろうか…まさかマダニではあるまいかと少し怖くなったが,幸い1週間も経たずに痣は引き,半月ほどで完治した。

帰路の新幹線は終始静かで空いていて,三島から品川までは熟睡。都内の列車が混雑しないような時間を見計らって帰って来たので,中野までも十分に快適だった。朝6時に掛川の散策を始め,15時すぎに浜松の散策を終え,17時半すぎには帰宅しているという,何とも不思議な一日であった。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

天竜・二俣町(4):クローバー通りの西側の路地を巡る。

f:id:anachro-fukurou:20211011095223j:plain

艶っぽい路地。 2021.09.11 天竜区二俣町

 


9月11日(土)。出張の翌日,掛川駅前と遠州森の街並みを散策した後は,天浜線二俣本町へ。天竜区二俣町のクローバー通り商店街,横町通りを歩いた後はマルカワの蔵を見学。幸運な縁に恵まれ,二俣町遊郭の旧妓楼を見せて頂いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

当初に無い,とんでもない出会いがあったので,当初の予定よりも1時間ほど長く二俣町に滞在することになった。駅に戻る道中は,クローバー通りの西側の裏通りを歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095149j:plain

夏と縦構図の親和性の高さを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095050j:plain

正午を回り,陽射はますます強くなっている。今年初めて,肌が焼かれる感覚。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095153j:plain

理美容室は健在。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095054j:plain

奥行方向に魅力が深まってゆく建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095157j:plain

番犬のようにCANTERが眠る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095058j:plain

街角。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095201j:plain

彩度の落ちた街。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095205j:plain

錆色の夏。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095209j:plain

緩やかに道が曲がっているので,奥行き感があり,構図の作り甲斐がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095214j:plain

亜鉛鉄板壁に挟まれた路地の向こうに理容室。二度見してしまった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095219j:plain

水切り瓦のある大きな蔵が,奥まった住宅街の中に残されていた。これもなかなか凄い…。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095102j:plain

古き良き路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095106j:plain

次なる道へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095227j:plain

奥行。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095110j:plain

全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095231j:plain

奥に見えているのがクローバー通りである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095235j:plain

畳店。遠州森でも二俣でも見つけることができた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095240j:plain

裏道からクローバー通りに抜ける路地にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095245j:plain

何本もの路地が錯綜する。ホルモン焼の居酒屋の看板があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095114j:plain

旧美容室と思しき建物が残っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095249j:plain

3階建のある路地は最高だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095303j:plain

9月の暑苦しいコントラスト。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095118j:plain

透かしブロックの帯。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095123j:plain

蔦に覆われた居酒屋の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095316j:plain

クローバー通りの1本西側の道にも街灯が設置されていた。

これにてクローバー通りの西側のブロックの散策は完了。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095307j:plain

さて,そろそろタイムリミットである。何か気配を感じたので,東西に走る二俣街道を東に進み,クローバー通りの東側の路地に立ち寄った。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095312j:plain

艶っぽい雰囲気がある。嘗て店舗だったのは間違いないだろう。赤線範囲内だったかどうかは定かではないが…。帰京後に調べてみたところ,この建物の正面側も少し艶のある意匠だった。

これにて本当に散策を終了。二俣本町駅に戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095140j:plain

駅名すら見て取れない,簡素な駅。夏の旅情…

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095145j:plain

半屋外の無人駅。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095320j:plain

3時間の滞在だった。

遠州森で雨に見舞われた時には,日頃の行いがよほど悪いのかと思って悲しくなったが,思いもよらぬ出会いに恵まれ,旧妓楼を後にしても暫くは極度の興奮状態が続いた。気温こそ高くはないが,依然として陽射は強く眩しく,今年は一度も味わう事の無かった夏の旅愁を少しだけ体験することができた。当初予定の1時間後の列車で二俣本町を後にし,遠鉄電車経由で浜松へと向かった。

 

浜松駅前の路地に続く(※近日更新予定)。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

天竜・二俣町(3):マルカワの蔵と,二俣町遊郭の旧妓楼を見学。

f:id:anachro-fukurou:20211012135802j:plain

半世紀以上を経て。 2021.09.11 二俣町遊郭

 


9月11日(土)。出張の翌日,掛川駅前と遠州森の街並みを散策した後は,天浜線二俣本町駅へ。天竜区二俣町の中心街,クローバー通り商店街の看板建築群と横町周辺の街を歩いてきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

散策開始から1時間半ほどが経過し,そろそろ駅へと戻る時間を意識する頃。土産物を買うべく,横町通りにあるマルカワの蔵に立ち寄った。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135842j:plain

「マルカワの蔵 古民家ギャラリー」は,酒屋の蔵を使った商店兼ギャラリーになっている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135846j:plain

矍鑠とした老夫婦が丁寧に対応してくださり,建物の中を見せていただくことができた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135850j:plain

酒屋だった時代を偲ばせる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135709j:plain

主屋から,そのすぐ背後にある蔵へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135713j:plain

蔵の1階では竹細工(浮き絵,浮き字という工芸品)の作家の方が展示を行っていた。記念にフクロウのストラップを購入。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135717j:plain

2階は座敷蔵となっている。座敷蔵はこの界隈でも3軒ほどしか残っていないのだという。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135721j:plain

壁は砂壁風の意匠の和紙貼り壁だろうか。筆者好みの青緑色で,光沢が美しい。連鶴の華やかな赤が良く映えていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135725j:plain

床柱にはかなり断面の太い,立派な材が用いられていた。往時の財力が窺える。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135729j:plain

座敷蔵の2階の窓から外を眺める。住宅や蔵が密集している。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135645j:plain

主屋は3階建。2階は女中部屋のような造りである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135657j:plain

こちらも2・3階がギャラリーとなっていて,人々が集う場として活用されている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135649j:plain

当初は2階建だった建物に,3階を増築したという。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135653j:plain

3階。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135705j:plain

廊下の床板も良く手入れされている印象だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135701j:plain

建具が取り払われていたため,かなり広さがあるように感じた。

 

 

この後,素晴らしい縁に恵まれ,なんと急遽,現存する旧妓楼の中を少しだけ見せていただける事になった。

 

■お目通し下さい

※1:現在も居住者のいらっしゃる住宅のため,現地を訪れて建物内まで見せて頂くのは容易ではありません。詳細にご興味のある方には情報は積極的に提供させていただきますので,Twitterhttps://twitter.com/anachro_fukurou)のDM等でご連絡下さい。

※2:筆者は遊郭の専門家ではありません(全くの素人です)。記事の情報に誤り・過不足がある可能性がありますのでご了承下さい。もし出典のある情報があれば是非お寄せ下さい。

※3:妓楼内を見ることが出来なかったとしても,二俣町は大変に魅力的な街です。一人でも多くの人が足を運び,地域経済に貢献して下さることを切に願います。

※4:筆者は文化財建造物の修理・補強・保存を生業としています。妓楼建築の文化的価値,意匠,構法を損なわずに後世に残してゆくことに大変興味があるので,この物件に限らず,相談事があれば出来る限りのご協力をさせていただきます。何かあればいつでもご連絡下さい。

 

 

さて,文体を戻して本編に戻る。

だいぶ勿体ぶってしまったが,さっそく紹介してゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135634j:plain

クローバー通りの2本西を南北に走る道から細い路地に入ると,旧妓楼がひっそりと佇んでいた。

ヒアリングによると,かどや旅館よりも南,このあたりが嘗ての二俣町遊郭だったらしいが,ピンポイントで場所を絞り込むことは出来なかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135642j:plain

決して派手ではないが,細工の施された肘掛欄干が2つ並んでいる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135638j:plain

それでは,中へお邪魔する…。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135733j:plain

まさかこんな空間が現存しているとは…。

この二俣町遊郭については,ネットで遺構に情報を殆ど見掛けなかったし,表通りを歩いてみても一帯が遊郭だったことを思わせるような雰囲気を殆ど感じられなかったので,とにかく驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135737j:plain

廊下に軒が出ている。

そもそも遺構が存在しているとも思っていなかったし,まさかその中にこんなにも艶っぽい意匠の空間が,これだけの状態で残されているとは。驚嘆である…。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135741j:plain

こちらの建物には現在も老夫婦が住まれていて,当然ながら公開はされていない。しかし本当に運が良く,突然の探訪だったのにも関わらず,ご厚意で階段と2階の廊下を見せて頂くことができた。感謝してもしきれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135745j:plain

家主の方は遊郭としての営業を終了した後に入居されたようで(といっても半世紀ほど住まれているという事だろう),屋号は覚えていないとの事だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135750j:plain

極めて良好な状態で保存されている装飾性の高い廊下と階段を目の前にすると,大変に貴重な物を記録させていただけるという興奮と責任のようなものが一気に肩にのしかかってきて,カメラを持つ手と両足が震えた。

廊下は薄暗く,ISOを1000まで上げてもシャッタースピードは平均1/10s程度。暗所の手持ち撮影に慣れていて本当に良かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135754j:plain

これだけ綺麗な状態で複雑な造作を保存するのは,さぞ大変な事だろう。ましてや個人宅である。本当に頭が下がる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135758j:plain

住人のおばあさんは,過去にこの廊下で転んで頭を打って大変だったと話していた。住宅としての使い勝手は,決して良いとは言えないだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135806j:plain

厠の細工。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135810j:plain

階段室のディテール。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135814j:plain

天井板。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135818j:plain

廊下に上がる2段の階段。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135822j:plain

2階には,写真の方向(肘掛欄干のある方向)とその反対側に計4~5室ほどあるようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135826j:plain

1階は妓楼としての役割を終えた後に,商店兼住宅として改装されているようだった。それでも,2階のこの空間だけでも文化財級の佇まいで,終始鳥肌が立ちっぱなしだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135830j:plain

外観。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135623j:plain

前述の通り1階は改装されており,往時の雰囲気は感じられない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135834j:plain

2階は現役時代を良く残していると言えそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135627j:plain

狭隘。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135838j:plain

日の当たらない路地裏。

 

f:id:anachro-fukurou:20211012135630j:plain

現甲園は,茶・しいたけ等を扱う現役の商店である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095258j:plain

路地を抜けてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011095254j:plain

夢か現か…。突如として訪れた幸運な機会に興奮冷めやらぬまま,旧妓楼を後にした。

 

さて,この情報がどの程度の新規性を持ち,どの程度の価値があるものか,筆者一人では判断しかねる。いずれにしても,住人の方の丁寧な生活により折角今日まで残って来た妓楼建築には,大変に価値がある。それだけは間違いのない事実だ。是非とも後世に残してゆきたいと思うのは,きっと私だけではないだろう。もしもこの希少な建築の未来が危ぶまれる時には,私財を投げ打って購入する事までは出来ないまでも,培った知識と技術,持ち合わせる人脈を生かして,出来る限りの力を注ぎたいと思う。それこそが,専門家としての能力と趣味者としての側面を併せ持つ自分の最大の使命だと思っている。

 

 

その4(クローバー通りの西側の裏路地散策)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

天竜・二俣町(2):横町とその周辺,蔵のある街。

f:id:anachro-fukurou:20211011093913j:plain

横町。 2021.09.11 天竜区二俣町

 


9月11日(土)。3ヶ月ぶりの出張の翌日,掛川駅前と遠州森の街並みを散策した後は,天浜線二俣本町へ。天竜区二俣町の中心街,クローバー通り商店街を歩き始めた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここから更にクローバー通りを北に歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093758j:plain

天竜ハム。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093921j:plain

間口の広いクリーニング店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093802j:plain

兄弟。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093925j:plain

手前の薄桃色の建物,少し凝った意匠だが,1層の壁は後から作られたのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093806j:plain

美容室と商店跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093810j:plain

こちらはヤマタケの蔵。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093814j:plain

裏から見ても美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093819j:plain

眼鏡屋の洒落た看板。遠近感がナイスだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093823j:plain

お馴染みのVITA-ONE.

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093929j:plain

全面ガラス張りの1階。なかなか大きな商店である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093831j:plain

ビビッドに褪せてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093827j:plain

クローバー通りから西に折れ,横町通りへと入る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093835j:plain

錆びてほぼ見えなくなった看板。危うく見落とすところだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093839j:plain

建具は華奢が良い。欲を言えば木製が良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093938j:plain

おたふく窓の扉が5枚,これだけでもなかなか壮観である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093934j:plain

門柱と傾いた松の木が印象的な中川歯科医院。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093947j:plain

マルカワの蔵。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093843j:plain

土産物店として営業中のようだ。後程改めてゆっくり見てみる事にしよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093943j:plain

商店とふとん店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093917j:plain

ふとん店という響きが,過去の遺物になろうとしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011094000j:plain

夏空の下の全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093847j:plain

天竜区役所前方面へと伸びる大通りを,更に北へ。再び看板建築の並ぶ一角が見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093951j:plain

不思議な色気がある。嘗ては店舗だったのか,用途は不明である。ロボットの顔のようにも見えてしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093851j:plain

商店として現役の店は残念ながら無さそうだったが,街の規模を感じさせられた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093955j:plain

間口の広い商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093855j:plain

街角の美容室,ヘアーサロン イシハラ。

ここを今回の散策の最北端とし,来た道を戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093900j:plain

オザキ理容室。豆タイルの円柱と曲線的な持ち送りが素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093904j:plain

配色の素敵な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093909j:plain

二俣川の支流を渡る橋にて。何となく気に入っている写真。

 

この後はマルカワの蔵の中を見学。さらに,奇跡的な縁とご厚意に恵まれて二俣町遊郭の旧妓楼建築の内部を見せて頂いたので,それらを一気に紹介しよう。

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

天竜・二俣町(1):クローバー通りの看板建築,旅館のある街並み。

f:id:anachro-fukurou:20211010175017j:plain

クローバー通りの看板建築。 2021.09.11 天竜区二俣町

 


9月11日(土)。3ヶ月ぶりの出張の翌日,掛川の街を散策した後は,天浜線遠州森駅へ。駅の北東にある中心街から仲町商店街とその裏路地を撮り歩くも,北上中に突如として「降雨コールド」。バスで戸綿駅に戻って来た。

anachro-fukurou.hatenablog.com

続いて向かったのは,二俣町。市政施行で天竜市へと名を変え,現在は「浜松市天竜区二俣町二俣」である。天竜二俣駅は旧国鉄二俣線の要衝で,構内には蒸気時代の給水塔や年季の入った木造の鉄道関連施設が残されている。コロナ禍で現在は中止しているが,構内の見学会も行っているらしいので,また機会があれば訪れてみたいところである。二俣の中心街に最も近いのはその一つ西にある二俣本町駅であり,今回はこちらを利用する。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174806j:plain

いざ降り立ってみると想像以上に小さな駅で,街と林のちょうど境目に位置しているような印象だった。待合室のみがあるホームには「サルが駅に出没します」といった警告が掲示されていた。幸いにもここから先は雨に見舞われずに済みそうなので,ホームから階段を下りて駅舎を通り抜け,中心街に向けて北へと歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175003j:plain

想像していたよりもすぐに中心街の南端に辿り着いた。二俣街道を渡り,南北に走る「クローバー通り商店街」に入ると,早速鄙びた佇まいの太田薬局が見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174811j:plain

旧商店,今は住宅だろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175008j:plain

二俣は秋葉街道が通り,天竜川の水運で栄えた歴史ある街で,かつては旅籠も多かったようだ。二俣町遊郭というのも存在していたらしい。見えて来たのは「かどや旅館」という旅館である。少し赤線風の意匠にも見えるのだが,この場所は遊郭とは関係ないようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174819j:plain

旅館の裏には雰囲気のある街並みが展開されている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174824j:plain

手前の牛乳箱は,塗装を失ったのか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174828j:plain

蔵の煉瓦壁は鮮やかで,持ち送りの曲線美にも目が行く。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175012j:plain

煉瓦蔵の後ろには石張りの建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174832j:plain

実に綺麗な並びだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174837j:plain

撮影しているあたりで,遠州森での雨がまるで嘘のように,澄んだ陽光が降り注いできた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174841j:plain

現役の気配は全く感じられなかった。営業中の姿も見てみたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174845j:plain

クローバー通りを北に歩くと,看板建築の並びが見えてくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174850j:plain

日本板硝子,飯田金物店

f:id:anachro-fukurou:20211010175021j:plain

緑の小さなアーケードは,カメラ趣味的に言えば無くても良いのだろう。しかしこの飾らない感じが自然な姿であり,却って魅力的といえるのかもしれない。

写真左手に見える更地の部分には,嘗ては看板建築がもう6軒ほど建ち並んでいた。看板部分に時計を戴いた愛らしい意匠の建築もあったのだが,残念ながら2014年の火事で焼失。この目で見ることが出来ないのが残念で仕方がない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174855j:plain

番人。調べたところ,ガソリン計量器らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174859j:plain

FUJIのロゴ,こうして撮影してみると良く出来ているなあと感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175026j:plain

道の西側にも同じようなアーケードがあり,その後ろには商店が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174905j:plain

酒屋の看板建築,熟成したオーシャンウヰスキーの文字。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174910j:plain

絶妙な佇まいである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174915j:plain

もう真昼間だが,シャッターは下りたまま。土曜日だからなのか,或いは永遠に眠っているのか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175030j:plain

尾張屋旅館。

LED信号も随分と普及してしまった。ちっぽけな要素が一つ新しいだけで,写真全体から感じる空気というのも変わって来るものである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174919j:plain

交差点を更に北へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174923j:plain

地方都市あるある,「小学館の学習雑誌」の黄色と橙色が見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174927j:plain

フォントも意匠も素敵な大石薬局。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174931j:plain

信号の南側のアーケードを望遠で圧縮。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174936j:plain

個性豊かな建物達が,互いに両側面を触れ合いながらひしめき合うように建ち並ぶ。現代の街では考えられないこの美しさを言語化して表現するのは難しい。やはり福島の新町ビル街の記事でも少し言及したように,雑然とした要素(この場合,一軒ずつ異なる建物のファサード,特に縦線の多さが強調された意匠)が整然と並ぶ(ファサードの面を連ねている)ということになるのだろうか。そこに更に色彩的な調和が加わるのは勿論,さらには電線や看板・軒先のテントなどもプラスの要素として機能しているのだろう。街を撮るということの奥深さは計り知れない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174940j:plain

遅れて来た夏を縦構図で切り取る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175040j:plain

気付けばもう,すっかり青空だ。太陽は薄雲から出たり入ったりを繰り返している。

手前の妻入の建物は嘗て海老屋旅館という旅館だったらしい。かなりのタッパがあるのだが,3階建だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175034j:plain

薄紫とダスティブルーが印象的な2軒。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175045j:plain

こちらは確実な木造3階建,御宿陣屋。残念ながら廃業して久しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174944j:plain

夏空高し。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174949j:plain

二俣医院。大正時代の建築である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174954j:plain

座敷蔵,アールデコ調の持ち送りが素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010175050j:plain

昭和後期の匂いのする一角。

 

f:id:anachro-fukurou:20211010174958j:plain

看板部分の遊び心。アンジュルム川村文乃もびっくりの手足の長さだ。

ここまで,クローバー通り沿いには看板建築群を始めとする「レトロ」な街並みが良く残されていたが,見る者にそれなりの読解力を必要とするため,このままの状態では「一般受け」はしないのだろう。もう一工夫・二工夫することで,ある程度人を集めることが出来そうなポテンシャルを感じるが,綺麗に整備された旅館・ホテルや温泉やといったものが無いと,少し難しいのかもしれない。幸か不幸かそんな状態であるので,あまり観光化されていない,「素」の街並みが残されていて,奇天烈な趣味を持つ者としては大変有り難い限りである。

この後はクローバー通りを更に北に進み,横町,さらにその北へと歩いてみる。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ