梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

武蔵小山・珈琲太郎は,長居したくなる純喫茶。

f:id:anachro-fukurou:20200705183509j:plain

ビルの2階の非日常空間。 2018.11.02 珈琲太郎
 

2019年11月2日。親友と目黒で落ち合う前に,ヨメ氏と二人で何処かへ行こうと計画。目黒界隈でどこか面白いところはなかったかと記憶を辿り,思い出したのは武蔵小山の純喫茶だった。

初めて降り立つ街は新鮮だった。アナクロを名前に掲げる者としては残念な限りなのだが,武蔵小山の駅前は再開発が進んでしまった。飲食店街「りゅえる」は姿を消してしまい,その姿を拝む事が叶わなかった。ちょうどこの日は,再開発で新たに完成する商業施設のオープン直前だった。

長い長いパルム商店街をひたすら歩いてゆき,ビルの2階に目的地を発見した。吉祥寺のレンガ館モールを彷彿とさせる佇まいだ。 純喫茶の名前は「珈琲太郎」。ちょっとフザけた感じを覚えるネーミングであるが,その佇まいは真面目・王道を行く。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183524j:plain

店頭にはコーヒー豆のオブジェ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183529j:plain

店内は想像以上に広かった。透明な机の中にはコーヒー豆がぎっしりと敷き詰められていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183536j:plain

純喫茶といえば,床。良い柄,良い色で,椅子とも良く調和している。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183541j:plain

椅子もクラシカル,どれもよく磨かれていて綺麗だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183547j:plain

店内。雰囲気はクラシカル,そして広いので,居心地が良い。

ブラジルコーヒーを美味しく頂いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183552j:plain

レジは現役。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183558j:plain

オブジェ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183604j:plain

ちょうどこちら側の客が退店したので,良いアングルを頂戴した。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183610j:plain

 COFFEE太郎。

地元にあったら通ってしまいそうな,長居したくなる店だった。もし再訪する機会があれば,次は食事も頂いてみたい。

 

 

御徒町・丘はこちらから。

 

東中野ルーブルはこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

野方文化マーケット,コの字の狭隘商店街。

f:id:anachro-fukurou:20200705150339j:plain

Asia. 2018.02 文化マーケット
 

2018年2月某日。高円寺駅から歩いて,野方駅前の文化マーケットへ向かった。

ここも比較的近所ながら,長らく撮影せずにいた場所だったので,博論完成に向けて英気を養うための2018年冬に,機会を作って訪れた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150246j:plain

アジアンカラーのファサード,東京っぽくはない佇まいだ。西武沿線の密集具合は面白い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150252j:plain

入ってみる。マネキンの首が3体,室外機の上からこちらを見ている。

殆どのシャッターは下りていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150319j:plain

平面は奥に細長いコの字。入口向かって左側から入り,後ろを振り返る。テントに透ける文字が妙に印象的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150307j:plain

最奥部から振り返ると,「島」の細さが際立つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150300j:plain

道は想像以上に狭隘で,引きが取れない。APS-Cの12mmでも苦しいのだが,奥のシャッターすれすれまで下がったところで辛うじて成立する画角は,なかなか格好良かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150313j:plain

島の全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150239j:plain

コの字右側の道。シャッターが下りているが,開店準備中の所も。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150326j:plain

アーケードは鉄骨。やはり屋根が掛かっていると良いなぁ…。それだけで絵になる。フェチ丸出し発言だが,いざ写真にしてみるとその魅力というのは幾らか伝わるのではないだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150333j:plain

外に出たら,何とこちら側の道は「立入禁止」だった!逆からアプローチしたので気付かず。今どうなっているかは分からないが,もし訪れる際は注意されたい。
 

この後,高円寺まで歩いて戻る。早稲田通り沿いに,工場の廃墟があった。だいぶ前から存在は認知していたのだが,この日訪れると入口のゲートに目張りがされていた。辛うじて上から,中を覗き込むことが出来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150345j:plain

線が多くて絵になるのだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150352j:plain

先日再訪した際には,解体されてしまっていたようだった。

どんなものも一期一会である。記録しなければ,記憶も薄れてゆくかもしれない,脆い物たち。撮っておくに越したことは無いなと改めて思う。

 

 

▼小向マーケットはこちらから。

▼昭和マーケットはこちらから。

▼日暮里・初音小路はこちらから。

▼丸美ストアーはこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

丸美ストアー(2):ナチュラルセピア・東京。

f:id:anachro-fukurou:20200705150926j:plain

ナチュラル・セピア。 2018.02 丸美ストアー
 

2018年2月某日。芦花公園駅近くの丸美ストアーへと向かった。

▼その1はこちらから。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

さて,奥から入口へと戻ってゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150906j:plain

鮮魚店は,閉店しているようだった。蛍光灯は未だに現役だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151004j:plain

入口。肉屋,「肉の富久屋」はバリバリの現役だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151011j:plain

メンチカツとハムカツを買って,いったん離脱。近くの公園で美味しく頂いた。

とにかくこの日も,風が強かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150913j:plain

再び戻ってくると。太陽の角度の変化によって,表情は変わっていた。

2月の,暖かな一日。まだ14時台なのだが,黄昏時のような色調だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150933j:plain

一部は歯抜けになっている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150939j:plain

ロボット・フェイス。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150952j:plain

このナチュラルにセピアな世界。昭和の匂いがプンプンする。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151018j:plain

自分の立ち位置を少し変えるだけで写りが変わる,有機的な被写体である。やみつきになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150958j:plain

小料理屋の中や2階がどうなっているのか,気になったが,今回は手掛かりは無し。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151024j:plain

この景色,いつまで続くだろうか。

夜の姿もいつか機会があれば見てみたいところだ。 

 

▼小向マーケットはこちらから。

▼昭和マーケットはこちらから。

▼日暮里・初音小路はこちらから。

 

▼青森・第三新興街はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

丸美ストアー(1):世田谷区に残る昭和のアーケード商店街。

f:id:anachro-fukurou:20200705150945j:plain

暖色に染まる,昭和レトロ商店街。 2018.02 丸美ストアー
 

2018年2月某日。前年秋の博論提出を延期し,傷心気味の日々。1月上旬には思い切ってしなの鉄道撮影を主要素に据えて長野まで赴き,多少なりとも気分を持ち直した。この日は,何の変哲もない日曜日。荻窪からバスに揺られ,幼い頃に住んでいた高井戸の街の景色を車窓に眺めつつ,芦花公園駅北口で下車。バス停から歩いてすぐに着く,丸美ストアーへと向かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151032j:plain

想像よりも簡単に見つかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150834j:plain

木造ではないが,鉄骨のアーケードが掛かる。空間は思ったより広かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150841j:plain

途中で緩やかに右カーブしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150828j:plain

向かって左側の2階建ての建物は,共通の設計のようである。仄暗い,美しい絵だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150848j:plain

真冬の太陽は,まだ昼前だというのに,黄色く暖かい色を齎してくれる。それにしてもこの屈曲部,絶妙に美しい角度だと思う。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150854j:plain

サッシは木なのだろうか?スチールではない,太めのプロポーションである。年代は良く分からないが,60年代末か70年代初頭か…といった所なのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150759j:plain

屈曲部の奥まで来て,振り返る。明かり取りの天窓から,橙色の光が落ちている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150804j:plain

昭和93年,冬。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150810j:plain

シャッター街ではあるのだが,床屋,肉屋,定食屋など,現役の店舗も点在しており,人通りは思ったより多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150816j:plain

翳の世界。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150822j:plain

ロカ(芦花)スタンプは,現役なのだろうか。流石にもう無いか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150900j:plain

背面側の端には料理屋の姿。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150919j:plain

暖色の空間を,冬の風が吹き抜けてゆく。

 

その2へ続く。

 

 

▼アーケード商店街・関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

日暮里・初音小路(2):室外機のある内部空間。

f:id:anachro-fukurou:20200630190545j:plain

鉄則のローアングル。 2018.06.23 日暮里・初音小路
 

2018年6月23日。プーシキン美術館展を見に行く。そしてこれと抱き合わせにして,美術館の前に,日暮里・初音小路を撮影した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

昭和の香りが残る木造アーケード。東京の「定番」とでも言うべき,日暮里・谷中の初音小路,或る雨の日曜日のお昼時である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190516j:plain

室外機が所狭しと並ぶ内部空間。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190533j:plain

最奥部より。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190539j:plain

看板と室外機,強すぎるほどのコントラスト。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190551j:plain

広角レンズは中腰くらいが歪まず,ちょうど良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190558j:plain

入口付近。明かり取りが更に減り,仄暗い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190613j:plain

象徴的存在。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190606j:plain

都せんべい,撮影後に購入。素朴な味が美味でした。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190619j:plain

宙に浮かぶ「番人」。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190626j:plain

最後に振り返る。サクッと撮影するには丁度良い規模のアーケードだった。

願わくば,機会があれば夜に再訪してみたいところである。
 

▼小向マーケットはこちらから。

 

▼昭和マーケットはこちらから。

 

 ▼青森・第三新興街はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ