梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

看板建築の街・石岡,朝の散策。

f:id:anachro-fukurou:20220115180721j:plain

威容。 2021.10.18 石岡

 


10月18日(月)。水戸出張の当日である。早朝に起き出し,土浦・桜町2丁目の歓楽街を歩いた。

7時すぎの鈍行で石岡へと移動した。石岡は過去に(その時も仕事きっかけで)1度訪れているのだが,見落とした看板建築が2つあるので,それを確認する目的である。さらには前回と時間を変え,夕方に逆光だった建物たちを良い光で撮影することも併せて目的とした。

2019年探訪記録はこちらから。

 

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180836j:plain

駅西口を少し南下し,守横通りから住宅街に切れ込んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180840j:plain

住宅街のような,商店街のような道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180642j:plain

看板のみを残して閉業した飲食店。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180646j:plain

商店。かつては菓子店の装テンがあったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180650j:plain

錆に朝陽。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180844j:plain

可愛らしい草ヒロ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180654j:plain

蔦に覆われた建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180658j:plain

守横通りを右折し,北へ向かう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180702j:plain

素朴だが味わいのあるファサード

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180706j:plain

そして本日のお目当ての建物へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180710j:plain

全容,3階建の迫力。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180849j:plain

北東に向いているので,季節を選ばないと太陽が回らない。この日に関しては,光回ったはいいが,木の陰ががっつりと掛かってしまった。周辺の環境からして,順光での撮影は不可能なのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180714j:plain

背面側へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180901j:plain

看板部分。3階は1部屋の塔屋のような格好である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180853j:plain

この建物は観光マップにも掲載されていないのだが,何か理由等があるのだろうか。文化財への指定もされておらず,名称も不明である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180905j:plain

曲線と直線の美しさ。ガラスの模様も素敵だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180909j:plain

表情。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180857j:plain

ベランダ付きの看板建築,素敵。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180725j:plain

人の出入りがあった。最後に全容を撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180913j:plain

さよならと,こっちを見送ってくれているようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180729j:plain

ここにも草生した建物が。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180917j:plain

IT's YUKAI.

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180921j:plain

金丸通り沿いにある,大和田家貸店舗(登録有形文化財,1930頃)。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180733j:plain

こちらも北面に向いているので,夏場の早朝か夕方にでも来ない限り逆光である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180926j:plain

コリント式オーダーをかなり意識した意匠である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180930j:plain

神殿風の意匠と,垣間見える下見板壁。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180934j:plain

本当に良く出来ているなぁと,つくづく感心する。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180738j:plain

向かい側の美容室もなかなか味がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180742j:plain

国道355号線・中町商店街に出る。ここが石岡の中心街である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180746j:plain

森戸文四郎商店(登録有形文化財,1930頃)。1階の大開口,矩形のファサードが印象的である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180951j:plain

東を向いて建つので,今回が初めて順光の撮影となる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180750j:plain

歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180755j:plain

すがや化粧品店店舗兼住宅(登録有形文化財,1930)。妻壁に貼られた「也可¨す」の文字が無くなっているではないか…わざわざ外したのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180938j:plain

こちらはイオニア式オーダーを意識している。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180942j:plain

有名な並び。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180947j:plain

看板建築日本代表,十七屋履物店(登録有形文化財,1930)。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180759j:plain

工事中の写真も見掛けたのだが,もう終わっていたらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180803j:plain

こちらは今回は完全なる逆光。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180807j:plain

福島屋砂糖店(登録有形文化財,1931)。こう見えてRC造という所までひっくるめて,この筋では有名であろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180811j:plain

久松商店(登録有形文化財,1930頃)。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180955j:plain

 

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180815j:plain

そしてもう一つの目的地,平松理容店店舗兼住宅(登録有形文化財,1928)。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180959j:plain

保険。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115181003j:plain

レリーフ

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180819j:plain

全容。こちらも残念ながらキツい逆光だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180823j:plain

その斜向かい,ペットセンター。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180827j:plain

中川鳥獣店。店舗としては現役ではないようだが,建物は使われ続けている様子だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220115180832j:plain

これにて散策を終了し,駅へ戻る。この撮影の直後,とんでもないトラブルが生じるのだが,ここで改めて詳述することでもないだろう。2つだけ記録しておくとするならば,当分は石岡には行かないという事と,街歩きは平日の朝にするもんじゃない,という事であろう。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

土浦散策(9):「早朝ソープ」街散策,土浦編。

f:id:anachro-fukurou:20220114232930j:plain

破廉恥タウン。 2021.10.18 土浦

 


10月18日(月)。水戸出張の当日,桜町2丁目の「クリーン」なエリアを散策してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここからは,いよいよこの街の「キモ」である風俗街に切り込む。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232619j:plain

黒と金,水戸でも見たような配色。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232623j:plain

住宅のような佇まいだが,看板には「NEW TECHNICIAN」。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232627j:plain

ティアラ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232632j:plain

プレイボーイ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232923j:plain

ちょっとウサギの様子が変だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232637j:plain

土浦女学園。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232914j:plain

AGEHA.

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232645j:plain

すぐ向こうは桜川である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232641j:plain

タイピングを憚られるような,頭のおかしい店名が散見される。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232918j:plain

もう,笑うしかない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232926j:plain

この道は後程。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232650j:plain

きらら通りに戻る。乙姫学園もだが,「ボイン・ホーテ」っていうネーミングは何なんだ…何も上手い事言ってないじゃないかw

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232654j:plain

さぁ,最強(最凶)のネーミングを持つこちらの店へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232934j:plain

土浦の信金といえばこちら。最後を「娘」にするあたり,センスしかない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232658j:plain

どこを見渡してもR18である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232711j:plain

ソープ街を早朝に撮影している自分のほうがよっぽど変態であるが。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232715j:plain

再び桜川方面へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232938j:plain

朝陽が眩しすぎた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232719j:plain

ミラーと信金

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232702j:plain

きらら通りの北側へ。そこまでデカく書きますか…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232942j:plain

夕鶴はもう存在しないのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232723j:plain

SVでは現役だったが,左のビルは廃業した様子。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232958j:plain

マハラジャとGOD…

 

f:id:anachro-fukurou:20220114233002j:plain

「ひとり娘」の看板も十分にインパクトがあるのだが,周りの街があまりにも猥雑すぎるせいでどこか寂しげに映った。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232727j:plain

歩いても歩いてもソープ街…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232731j:plain

路地へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232946j:plain

それはもうビデオのタイトルじゃないか…というような店名。スナックも点在している。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232735j:plain

舞姫

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232739j:plain

もう,ごちゃごちゃである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232743j:plain

濃いピングが,眠い目を刺激する。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232950j:plain

路地にさようなら。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232747j:plain

ピンクは恋愛白書。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232752j:plain

木馬館という渋いネーミングと一致しない外装。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232756j:plain

もう絶対に嘘ですやん…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232800j:plain

また出た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232805j:plain

スプラッシュ。霜降り明星オールナイトニッポンのコーナーか(あちらもこことほぼ同義であるw)

 

f:id:anachro-fukurou:20220114233006j:plain

細い路地にも店がある。写真の背面側が,その8の終盤で通った路地である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232817j:plain

きらら通りに戻る。ホワイトハウスを発見。屋上の看板が誇らしげである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114233010j:plain

園都市,土浦。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232821j:plain

ここは早朝ソープ営業中であった(HPでも確認済みw)

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232825j:plain

9時始業の店が多いらしく,徐々に街に人影が見え始めた。自分も移動の時間が迫って来たので,ここでタイムリミットである。ホテルに戻って荷物をピックアップし,駅へと向かった。

明確に散策ルートを固めていた訳ではなかったので,サメの口の形をした扉のある店舗の前を通りそびれてしまい残念だった。枚数としては十分どころか十二分であるが,人の往来や気配があり撮影できなかった場所も多数ある。何とも大規模な歓楽街…地図上では碁盤の目状で,街区はこぢんまりとしているのだが,路地が細く道の数が多いからか,金津園よりも広く感じた。もしも気になる方は早朝6時~7時頃の散策がお勧めである。尤もそんな奇天烈な嗜好を持つ人間が,そう多く居るとは思えないが…。

 

石岡散策へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

土浦散策(8):早朝の桜町,ナカムラ時計店の看板建築ほか。

f:id:anachro-fukurou:20220114232846j:plain

角のある意匠。 2021.10.18 土浦

 


10月18日(月)。水戸出張の当日である。前日は桜町の歓楽街,川口ショッピングセンター MALL505,土浦名店街などを巡り,看板建築群を撮り歩きながら駅西口を北上し,旧真鍋宿で日没を迎えた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

18日はわざわざ早朝6時前に起床。朝食のコンビニパンを頬張り,カメラだけを持って朝の散策に出掛けた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232545j:plain

異様なサイズ感。時折このような,階高に対して看板部分がやたら大きい建物を見掛けるのだが,やはり根底には「大きく見せたい」という願望が存在しているのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232549j:plain

八間通りに出た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232829j:plain

朝の光が,街を柔らかく照らしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232553j:plain

筑波銀行桜町支店の西側へ歩いてゆく。マッサージ店の脇から奥に路地が伸びている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232834j:plain

平等に朝は訪れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232838j:plain

荒れた空地と古家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232842j:plain

そしてこの日のお目当て,ナカムラ時計店の看板建築に到着。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232556j:plain

6本のツノが生えている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232600j:plain

小ぶりだし,際立った装飾は無いのだが,存在感は十分である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232850j:plain

これで土浦に現存する著名な看板建築は,一通り押さえることが出来ただろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232854j:plain

南へと折れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232858j:plain

八間通りの1本南の道。朝陽が眩しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232902j:plain

さらにもう1本南の細い路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232906j:plain

その南は「きらら通り」,六間通りとも呼ばれるらしい。大通りの風格が漂うが…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232911j:plain

きらら通りから南北にも路地が走る。こちらは北側への道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232813j:plain

夜の店の看板がちらりと顔を出す。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232809j:plain

静かな朝。

すぐ近くの駐車場には,早朝にもかかわらず黒塗りの車が多数停められていて,物々しい雰囲気だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232603j:plain

今度はきらら通りの南側へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232607j:plain

嘗て店舗だったと思しき建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232611j:plain

BAR すずらん。電球の明かりはもう灯らないのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232615j:plain

スナックや居酒屋が並ぶ一角。

さて,桜町2丁目の「クリーン」な場所の紹介は簡単に終えて,肝心の中心街へと踏み込もう。

 

その9へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

土浦散策(7):秋の夜長に,看板建築とMALL505を撮る。

f:id:anachro-fukurou:20220110003506j:plain

煌々。 2021.10.17 土浦

 


10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦散策を決行。桜町の歓楽街,川口ショッピングセンター MALL505,土浦名店街などを巡り,看板建築群を撮り歩きながら駅西口を北上し,旧真鍋宿で日没を迎えた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

鮮烈な桃色の夕空の余韻は短く,真鍋からの帰路,陽はとっぷりと暮れた。だいぶ充足感はあったのだが,今日巡った場所のいくつかを再確認しながら宿に戻ることにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003411j:plain

その前に,土浦城付近の長屋ビルを見に来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003247j:plain

1階は小さな商店街になっており,灯りが怪しげに点っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003415j:plain

フジカラー。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003420j:plain

煙草の自販機。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003258j:plain

車道に側面を向けた郵便ポスト。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003302j:plain

ほぼすべての店がシャッターを下ろしていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003306j:plain

仕出し・弁当の店では,薄暗い店内で料理人が仕込みの作業を行っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003310j:plain

2・3階の窓の明かりが一つも灯っていない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003425j:plain

静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003314j:plain

宵闇に灯る光を美しく捉えられるようになりたいので,たくさん練習。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003429j:plain

サイドビュー。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003318j:plain

ポストの郵便物の回収がやって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003322j:plain

去りし後の,孤独と静寂。

Twitter的には,このような写真に周辺減光でも掛けておけば,いくぶん反応を多く貰えるのであろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003433j:plain

可愛いキャラクター。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003437j:plain

SHOES.

さて,移動して,石上霞月堂を見に行く。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003326j:plain

また来たよ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003442j:plain

月が顔を出した。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003446j:plain

月夜。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003330j:plain

荒城。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003334j:plain

街灯のわずかな明かりを拾い,何とか撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003338j:plain

いつかまた来る日まで,どうかお元気で…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003342j:plain

保立食堂も一枚だけ撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003450j:plain

土浦名店街も一枚だけ撮影。夜になり,少し怖さが増したように感じた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003454j:plain

武蔵屋。ここは昼の方が美しく見えるようだった。

一度ホテルに戻り,すぐに再出発。空いている店で夕食をとるべく,駅前を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003346j:plain

結局はラーメン屋に行き着いた。生ビールを飲んだのはいつぶりだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003539j:plain

食後はMALL505へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003458j:plain

2階に上がる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003502j:plain

想像以上に煌びやかである…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003510j:plain

明るさに反する静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003514j:plain

光沢感のあるカーブ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003518j:plain

昼に撮った構図をほぼ再現。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003522j:plain

列柱。

f:id:anachro-fukurou:20220110003354j:plain

ニューウェイと。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003526j:plain

冷たい夜。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003530j:plain

ニューウェイのS字カーブ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003535j:plain

この構図で決着。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003358j:plain

少しだけ横アングルを。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003403j:plain

長い外階段。

 

f:id:anachro-fukurou:20220110003407j:plain

ニューウェイのバス停へと上るための歩道橋も撮影。

これにて本日の全撮影を終了。ホテルに戻り,翌朝の散策・出張調査に備えて眠りに就いた。

 

その8へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

土浦散策(6):桃色の空の下,旧真鍋宿の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20220108224318j:plain

桃色の空。 2021.10.17 土浦

 


10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦散策を決行。桜町の歓楽街,川口ショッピングセンター MALL505,土浦名店街などを巡り,看板建築群を撮り歩きながら駅西口を北上してきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

引き続き本町通りを北上してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224212j:plain

暗渠のような雰囲気の道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224216j:plain

ナショナル自転車の赤い看板,錆の浮いた理容室の建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224220j:plain

控え目な塗色ながら存在感のある街灯と。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224335j:plain

理容うちの。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224339j:plain

2階の建具が素敵な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224343j:plain

左に折れ曲がる道の突き当たりには,少し風変りな病院建築があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224224j:plain

右折し,真鍋宿通りに入る。道なりに左カーブを曲がってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224347j:plain

パッチワーク。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224351j:plain

建具店。良い色だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224227j:plain

気付けば薄日が強くなってきている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224355j:plain

浅い西日が,棟瓦を黄色く照らした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224231j:plain

その刹那,水平線近くの雲が切れ,強烈な光線となった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224400j:plain

雲っていた日ほど,夕焼けはドラマティックになる。夕方晴れ男の底力見たり。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224235j:plain

錆色と夕雲と。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224404j:plain

向かうは旧真鍋宿の街並み。少しずつ出桁造の建物が現れはじめた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224239j:plain

信号を渡ると坂の西側の街並みから,宿場町の雰囲気が感じられる。駆け足で撮影し,先を急ぐ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224413j:plain

鼠色と橙色を混ぜたような空。日本海側で見た色に近い。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224417j:plain

薄い店。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224422j:plain

急勾配に建ち並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224244j:plain

夕焼けがクライマックスに差し掛かろうかという所で,本日最後の目的地に到着した。間に合った…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224248j:plain

藤本蠶業株式會社支店。まさに10文字,この看板ありきで設計されたかのような意匠である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224253j:plain

側面。生活の営みは,途絶えてしまったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224426j:plain

正対。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224257j:plain

桃色の夕空を背に,銅製の雨樋。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224430j:plain

窓ガラスから中を覗く。廃墟と化してしまっているらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224434j:plain

すぐ隣の蔵も十分に魅力的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224301j:plain

それにしても幻想的な空である。橙色から桃色へ,刻々と変化してゆく。夕暮れ時のホワイトバランスの調整は慣れたものである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224305j:plain

艶やかで,不思議で,そして幾許かの儚さと憂いを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224309j:plain

世界がすっかり桃色に染まってしまったかのようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224438j:plain

日没を過ぎ,残照の時間。空が燃えている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224314j:plain

刻々と変わる色調を見たままに記録してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224442j:plain

遺族の家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224446j:plain

電話三七九番。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224322j:plain

桃色は一瞬のうちにピークを越え,徐々に力を失いつつある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224450j:plain

今日が終わってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224326j:plain

視界の赤さが薄れてゆく。ブルーモーメントの足音が聞こえる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224455j:plain

空を撮っているのか,建物を撮っているのか,そんな問いは問答無用で棄却する。この空を背にこの建物を眺めることに意味と価値があるのだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224459j:plain

夕空への惜別。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224330j:plain

桃色の呪縛から解放されたかのように,世界は平静を取り戻し,そして光を失う。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224503j:plain

ちょうど街灯が点ったところで,この建物にも別れを告げた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224507j:plain

鼠色の帰り道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224511j:plain

交差点で西を見れば,上空の風に千切られた黒雲が幾重にも連なり,その向こうには鮮やかな橙色の空が広がっていた。

すっかり暗く寂しくなった真鍋宿通りを歩き,土浦駅方面へと戻る。ただしホテルに直帰しないのがフクロウ流。もちろん,夜の街の表情も見て回る。

 

その7へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ