梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

門司港散策(5):門司中央市場,夜の眠りに就く。

f:id:anachro-fukurou:20210119001756j:plain

眠りに就く。 2020.09.15 門司中央市

 

2020年9月15日(火)は,長崎出張前日の移動日。新下関で新幹線を途中下車し,新地西町・下関新地跡を堪能。続いて,関門トンネルで海峡を越え,門司港の馬場遊郭跡を散策。有楽街と名も無きスナックビルを撮影し,門司中央市場へやって来た。

anachro-fukurou.hatenablog.com

大きく2つに分かれる門司中央市場。2つ目のブロックへと進んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001702j:plain

こちら側は既に蛍光灯が消されていて,薄暗い。不思議と居心地は悪くない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001657j:plain

暖色のライトを灯した店が一軒,営業中だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001708j:plain

Emotional night.

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001523j:plain

市場には必ず「脇道」や「ポケット」のような場所がある。これを見るのが面白い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001716j:plain

橙色の店の向こうは,店舗の看板が3つほど灯っているのみで,仄暗い。物音一つしない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001536j:plain

そして裏口へ。正面側とほぼ同一のデザインのファサードが,街灯のない道の暗闇に溶け込んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001726j:plain

薄緑色の道に,鈍い金属光沢。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001731j:plain

どういう訳か中央からずれた,緑のカーペット。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001736j:plain

陰翳。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001721j:plain

閑寂の市場。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001741j:plain

痩身の老人が,ゆっくり,ゆっくりと歩いて行った。これまで幾十年,この市場と時間軸を共にして生きて来たのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001746j:plain

前編で撮影していた所まで戻って来ると,八百屋のシャッターが下り,蛍光灯が消されていた。白い光の印象は消え,翳が支配的になっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001751j:plain

店の看板の小さな光が,鈍く青白く反映する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001801j:plain

街はいま,眠りに就く。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001808j:plain

おやすみ,中央市場。

 

さて,時刻は19時。これにてタイムアップである。清滝通りのコインパーキングに戻り,新下関へと車を回送する。関門トンネルを潜って九州から本州へと戻り,無事に給油と返却を完了。渋滞も無く,道に振り回される事も無く,すんなりと手続きが済んでしまったので,時間を少し持て余した。新下関駅の異様に広大な構内の隅のほうにあるベンチでコンビニパンを頬張り,新幹線を待った。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001814j:plain

少し早めにホームに上がると,対岸の3番線には500系のこだま872号が鎮座していた。東日本在住の人間からすると,500系は懐かしい車両の部類になってしまった。

700系ひかりレールスターのこだま861号で,新下関発。所要時間25分で,20時27分に博多に到着した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001819j:plain

700系をまともに撮るのは,意外と初めてだったかもしれない。博多南行に,乗客が数人乗り込んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001825j:plain

忙しなく発車準備を整え,閉扉。滑らかに,短い盲腸線へと滑り出していった。

この後は,21時ちょうどのかもめ45号で,終着の長崎へ。新しくなった長崎駅に着いたのは23時頃だった。寝ぼけ眼で下車し,エスカレーターを下りながら切符を財布から取り出すと,乗車券がスルッと手から滑り落ち,まっすぐに段と壁面の数ミリの隙間に吸い込まれてしまった。乗車券の終着駅だったので焦りは無かったが,こんな珍事は人生初である。空気の流れだったのだろうか,一体どういう確率であの隙間に切符が落ちるのだろう…駅員に事情を説明し,検札を受けた特急券と往復乗車券のかえり券を見せ,事なきを得た。

さて,人生初の長崎県である。昨夏の探訪計画は諸事情で流れてしまったので,ようやくこの土地を踏んだ,という感じである。高架駅から「駅前」までは歩いて5分ほど掛かったような気がする。ようやく外に出ると,小雨が降っていた。

雨の長崎電気軌道へ続く(※近日更新予定)。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

門司港散策(4):門司中央市場,夜のしじまに。

f:id:anachro-fukurou:20210119001527j:plain

市場の夜。 2020.09.15 門司中央市

 

2020年9月15日(火)は,長崎出張前日の移動日。新下関で新幹線を途中下車し,新地西町・下関新地跡を堪能。続いて,関門トンネルで海峡を越え,門司港の馬場遊郭跡を散策した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,有楽街から更に北上すると,幹線道路の桜町通りに出る。そこで右に折れ,更に大規模な幹線道路である大阪町通りを渡ると,対岸側に門司中央市場の姿が見えてくる。8月の大分出張後の北九州木造アーケード巡りの際,時間切れで訪れることが出来なかった場所の一つである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001542j:plain

ブルーグレーの夕べに,ブルーグレーのファサード

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001547j:plain

もう既に18時30分。殆どの店舗が営業時間外である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001605j:plain

日常は,日々紡がれるもの。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001610j:plain

閉店してしまっているのか,或いは朝になれば開店するのか,この状態では判然としない。しかしシャッターは全て新しく白く,錆も見えない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001615j:plain

「レトロ」を売りにしている様子もあるが,余計な手を殆ど加えることなく,往時の姿を良く残している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001620j:plain

シャッターの線は,緩やかに垂直水平から乱れている。それでも,これだけ並べば整然として見えてくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001626j:plain

 床に敷かれた緑のカーペットと非常出口の看板を除けば,蛍光灯の色のみの,ほぼ単色の世界。色彩の情報が無い分だけ,幾何学的な魅力が浮かび上がる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001631j:plain

青果店が閉店作業を進めていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001636j:plain

電気と設備の配管が多く,アーケード部分が隠れてしまっている。それでも隙間から覗くと,薄い屋根が掛かっているのが見えてくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001641j:plain

良いフォント,良いデザインの看板だ。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001646j:plain

 蝙蝠の如く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001532j:plain

途中で道と交差する部分で,パース状態になる。アーケード内に居たので分からなかったが,既に夜の帳がすっかり下りていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210119001652j:plain

さて,交差部の更に先を見てゆこう。

その5(門司中央市場後編)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

門司港散策(3):栄町,有楽街&名も無きスナック街に迷い込む。

f:id:anachro-fukurou:20210116193049j:plain

タイム・スリップ。 2020.09.15 門司港

 

2020年9月15日(火)は,長崎出張前日の移動日。新下関で新幹線を途中下車し,新地西町・下関新地跡を堪能。続いて,関門トンネルで海峡を越え,門司港の馬場遊郭跡を散策している。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,実際の散策とは時系列的に一部前後する部分があるのだが,3つ目の記事では,閉鎖空間に展開されるスナックビルを紹介する。

栄小路の終点は「仲町通り」に繋がる。その薄い角度のY字路(小文字の「y」字路の方が実状に即している)から,仲町通りを北に進むと,次に新町通りとの十字路が現れる。そこで新町通りを東方向に折れてすぐ,奥深そうな空間が虚ろに口を開けている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116192949j:plain

名も無きスナックビル。手前の店舗が営業中,人の声が漏れ聞こえてくる。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210116192945j:plain

「みやび」の看板は褪色し,もはや室外機のほうが目を引くような状態である。

店の人間に見られて怪しまれるのも不本意なので,裏口側に回る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193025j:plain

すると,先程の「みやび」のある建物の,道を挟んだ反対側に,別の「亜空間」を発見。これまた居心地の悪い空間だったので,すぐに脱出。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193030j:plain

そしてこちらが,「みやび」のあるビルの裏口から入って見える光景。並ぶ「小料理」の文字から,昭和が滲み出ている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193039j:plain

外でもあり内でもある空間がとにかく著者の大好物。少々の恐怖感も相俟って,実に興奮する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193034j:plain

そしてL字の角を右に曲がれば,室外機が目印の「みやび」の正面口が奥に見える。最高のアングルじゃないか…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193044j:plain

蛍光灯の色調が,昭和を物語る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193054j:plain

板張りの赤茶色を,光が緑に照らす。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193100j:plain

腰壁,看板,蛍光灯。いずれも緑が支配的な空間,実に素敵だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193107j:plain

再び裏口を出ると,隣地が更地になっているので,外観を拝むことが出来た。水色のトタンの部分がL字のクランク付近だろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193112j:plain

この街にはあちこちスナックが点在している。洒落た看板が目を引く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116192958j:plain

仲町通りを更に北上してゆき,次の川端通りを越える。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193117j:plain

すると左手に「有楽街」が見えてくる。

中には2本の路地が走っている。まずは向かって右側へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193003j:plain

明かり取りの天窓から,微かな光が差し込む。店名の「話」,ネーミングセンスが素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193123j:plain

紫と緑,そして蛍光灯の光。実に艶っぽい…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193128j:plain

令和どころか,平成の要素すら感じられない,純然たる昭和の空間。少し色温度を変えて撮れば,小津安二郎映画調になりそうだ。もっともその場合は,ローアングルで望遠気味に撮らなければならないが。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193133j:plain

和風スナック「ひな」。気合い入りまくりの全面タイル貼り壁は,意匠的に圧が強すぎやしないか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193007j:plain

「大衆割烹」「和風スナック」「スタンドバー」等,死語になりつつある言葉が躍る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193138j:plain

そのまま栄町銀天街に抜ける。こちら側は近年改装されているようだ。右手の建物が解体されたことによる改変だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193012j:plain

建物が歯抜けになってしまったため,先程通って来た路地とは別の方の,2階部分が見えていた。物干し竿に生活感を感じ取る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193016j:plain

有楽街,2本目の路地へ。歪みは見られるが,線が多く,圧縮効果を使いたくなる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193021j:plain

どうやらここの左側は,先程の路地に並ぶ店舗の,住民用の玄関として機能しているようだ。

f:id:anachro-fukurou:20210116193143j:plain

競り出し,鬩ぎ合う。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193149j:plain

雀荘と高齢者への配食サービスの看板が並ぶ,異様な光景。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116193154j:plain

古びたサッポロビールの看板に,今日も明かりが灯り,客を待っている。平成生まれには縁遠く,そして憧れてしまう世界である。

その4(門司中央市場)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

門司港散策(2):グリッドに逆らう栄小路の姿。

f:id:anachro-fukurou:20210116111850j:plain

路地裏に緑。 2020.09.15 栄小路

 

2020年9月15日(火)は,長崎出張前日の移動日。新下関で新幹線を途中下車し,新地西町・下関新地跡を堪能。続いて,関門トンネルで海峡を越え,門司港の馬場遊郭跡を散策している。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,栄町銀天街から鋭角に入る路地,その名も「栄小路」へ飛び込んでみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111839j:plain

木造2階建ての長屋が,路地を形成している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112005j:plain

2階の建具の意匠から,色街の残り香が感じられる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112009j:plain

線の多さゆえに,一点透視が美しい。しかしその縦と横の線は垂直水平から外れ,自由に乱れている。その整然と雑然の鬩ぎ合いこそ,路地の魅力とも言えよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112014j:plain

空撮でも把握できるのだが,この一角は周りのグリッドから45度ずれて建ち並んでいる。何故そうまでする必要があったのか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111846j:plain

銀天街に面した3階建の建物の背面を映すと,この路地がグリッドに対して斜交しているのが見て取れるだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112019j:plain

そして更に驚くべきは,栄小路は反対側へ抜ける前に,90度折れ曲がるのだ。つまり,栄町銀天街に対して45度ずれていた道が,ここから先は135度ずれる,というようなイメージである。そのカーブの内側を,広角でどうにか撮ってみる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112023j:plain

外部からの視線を妨げるように意図された街。カーブの内側の建物は,実にデコラティブで色っぽい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112027j:plain

ブロック塀の透かしの意匠に,地方都市の香りを感じてみたり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112031j:plain

そして最後はこれだけ浅い角度で,銀天街に並行する仲町通りに繋がるという訳だ。栄小路,なかなか興味深い路地だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111855j:plain

何の変哲もない景色も,こんなご時世だから尚更愛おしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112036j:plain

装テンは外され,店舗としてはもう現役ではないのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112040j:plain

ザ・裏面。カラフルで素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112044j:plain

この町には三宜楼の他にも何軒か,3層の旧妓楼が現存している。中が見てみたいものだが,個人住宅として現役のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112049j:plain

ブルーの上塗りが実に素敵な物件だった。

さて,何となく連載の終わりのような雰囲気が出てしまったが,門司港にはまだまだ楽しい世界があるので,続いてご案内しよう。

その3(有楽街&名も無きスナックビル)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

門司港散策(1):馬場遊郭跡,三宜楼周辺の建築を見る。

f:id:anachro-fukurou:20210116111835j:plain

控えめな丸窓。 2020.09.15 門司港

 

2020年9月15日(火)は,長崎出張前日の移動日。新下関で新幹線を途中下車し,新地西町の新地遊郭跡を堪能した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

続いては,関門トンネルで海峡を越え,門司港へと向かう。既に17時を回り,さらに夕方からは雲が出て来てしまったこともあり,空がだいぶ暗くなってきた。しかし西日本の日没は東京に比べるとかなり遅く,まだ暫くは粘れそうだ。時間の許す限り街歩きを楽しもう。清滝通り沿いのコインパーキングに車を停め,嘗て馬場遊郭があった街を散策する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111859j:plain

早速,ただならぬ雰囲気の建物がお出迎え。凄いアールだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111905j:plain

そしてトタニズム。個人的には水色×錆色が好みなのだが,ここは緑色×錆色の組合せ。3階のマスが凄い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111910j:plain

左手には三宜楼,中を見ることは叶わなかったが,ここが嘗て遊里であったことを現代に伝える,貴重な物件である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111917j:plain

三宜楼坂を下ると,老舗の中華料理店がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111925j:plain

「萬龍」。立体的な装飾。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111929j:plain

紙を見てみると,昭和22年創業という。戦後すぐに開店し,遊里の現役時代を見て来た「生き証人」の建物なのだ。店舗は2015年,すぐ近くに移転したらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111934j:plain

独特の威容を放ちながら,住宅としての機能は果たしているのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111921j:plain

さて,妓楼の名残のある建物はさほど多くないのだが,萬龍の向かいには少しオーラのある物件がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111831j:plain

持ち送りのディテールを見てしまう。とても薄く,完全に意匠に特化している。

板の継目すらも魅力的な意匠になるのが,古い木造建築の魅力。必然的に線が多くなる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111939j:plain

三宜楼が見守る交差点に建つ料理屋。これも妓楼を転用したものだろうか。控えめな丸窓が,庇の陰からこちらを見ていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111945j:plain

栄町銀天街に入る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111951j:plain

3階建が両脇に並ぶ,立派なアーケード商店街だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116111955j:plain

平民食堂。有楽町の「食安商店」を何故か思い出した。どちらも閉店してしまったようで,残念である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210116112000j:plain

銀天街の片側の建物が唐突に切れ,鋭角に切れ込む路地が現れる。この画角は,まるでパースそのものである。こんな路地が,面白くない訳がない。

その2へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ