梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

街・商店街・レトロ-大分

大分・中津散策(後編):スナックだらけの街を歩く。

2020年8月21日(金)。朝は別府市を散策。出張調査の後,中津市街を歩く。アーケードを撮影した後は,市内に点在する近代建築を幾つか見つつ,寺町付近,新天神町に広がるスナック街を撮影してゆく。

大分・中津散策(前編):3つのアーケード商店街。

2020年8月21日(金)。朝は別府市を散策。出張調査の後,中津市街を歩く。薦神社を見た後,駅北口に広がるアーケード商店街・日の出町商店街,新博多町商店街とその周辺を歩く。さらに,廃墟と化した袋小路のアーケードを撮影する。

大分・別府市街散策(5):70歳の木造アーケード「標準市場」。

2020年8月21日(金)。別府市を散策。運転中に偶然見つけた物件に惹かれ,急遽探訪。知られざる木造アーケード,「標準市場」との邂逅である。つるや商店の看板,木造トラスが美しかった。すべての出会いに感謝である。

大分・別府市街散策(4):木造アーケード「標準市場」との邂逅。

2020年8月21日(金)。朝は別府市を散策。中津に向けて一度は車を出発したが,車窓から偶然見つけた物件に惹かれ,急遽探訪。知られざる木造アーケード,「標準市場」との邂逅である。恐らくネット初解禁の詳報である。

大分・別府市街散策(3):スナック街・風俗街の朝の顔。

2020年8月21日(金)。大分・中津での出張,当日の朝は,別府市を散策する。近代建築を見て回った後は,竹瓦小路へ。1921年に完成した,近代化産業遺産・登録有形文化財,国内最古の木造アーケードである。この手の商店街やアーケードを好む人では知らない…

大分・別府市街散策(2):国内最古の木造アーケード,竹瓦小路。

2020年8月21日(金)。大分・中津での出張,当日の朝は,別府市を散策する。近代建築を見て回った後は,竹瓦小路へ。1921年に完成した,近代化産業遺産・登録有形文化財,国内最古の木造アーケード。この手の物件を好む人で知らない人は居ない,超有名物件…

大分・別府市街散策(1):有名・無名な近代建築を巡る。

2020年8月21日(金)。大分・中津での出張,当日の朝は,別府市街を散策し,有名・無名関係なく近代建築群を巡る。カトリック別府教会,吉田鉄郎の現別府市児童館,ほか市井の人々により建てられた看板建築や旧遊郭建築などを見て回る。

大分・津久見散策(4):中央町のスナック街に灯りが点る。

2020年8月20日。大分出張の前日,津久見市の街並みを見る。セメント町・港町を散策し,最後に中央町へ。本町通りと昭和通りを中心に見て回ると,想像以上のスナックの数に圧倒される。ちょうど日が沈み,現役の店に明かりが灯り始める…。

大分・津久見散策(3):嘗ての赤線地帯「小網代通り」を歩く。

2020年8月20日。大分出張の前日,津久見市の街並みを見る。セメント町・港町を散策し,山際に静かに残る通りへ切り込む。ここは「小網代通り」,嘗ては赤線地帯だったようだ。その痕跡は殆ど見受けられなかったが,細道に並ぶ古屋,スナックの残骸など,色…

大分・津久見散策(2):港町,工業港と嘗ての目抜き通りを歩く。

2020年8月20日。大分出張の前日,津久見市の街並みを見る。「セメント町」の隣,港町へ。津久見湾の工業港で夕景を撮る。その後,セメント町通りから東側の裏通りを歩く。ここは今でこそ「裏」だが,嘗ての目抜き通り。道幅は広く,店舗の痕跡のある建物が…

大分・津久見散策(1):「セメント町」を歩く。

2020年8月20日(木)。大分出張に前乗りして,色々と撮り回る。まずは夕方の津久見の街並みを見るべく,大分から1時間20分ほどのドライブ。「セメント町」という地名の街を見て歩く。太平洋セメント,日豊オノダの工場が建つ,そのすぐ傍らに,嘗てのセメ…

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ