梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大分・津久見散策(3):嘗ての赤線地帯「小網代通り」を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140324j:plain

赤線の残滓。 2020.08.20 大分県津久見市

  

8月20日(木)。大分出張の前日。津久見市の街並みを見るべく,大分駅から車を走らせること1時間20分。夕方の津久見市セメント町,港町。いずれもフォトジェニックな光景だった。

anachro-fukurou.hatenablog.com

港町の目抜き通りを引き続き東に歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140456j:plain

トタン芸術がここにも。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140512j:plain

「おしゃれの店 日向屋」と読めるだろうか。その昔は「山木屋傘店」だった場所だろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140517j:plain

もう間もなく街の境,写っているエリアは中央町。自分が歩いている道も「角崎通り」と名を変えるようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140523j:plain

角地の建物は撤去されている。今まさに筆者が立っている場所から西に伸びるのが,「小網代通り」。その2の「おしどり食堂」の横に見えた,荒廃した背面を持つ建物がある筈の,山際の道である。

手前側に転がっている2本の円柱は何か…ストリートビューを見てみると,嘗て小網代通りのこの場所には鳥居が立っていたようだ。老朽化に伴い解体されたが,この場所にそのまま存置されているということだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140257j:plain

これが小網代通り。美容室の向こうに,緩やかにカーブしてゆく小道,その両側には静かな家々が立ち並ぶ。きっちり調べた訳ではないが,嘗てこの辺りは赤線地帯だったという。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140309j:plain

川野製材所は,昭和34年の地図でも確認できる。

 

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140314j:plain

長屋のように肩を並べる家々。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140528j:plain

息を呑む。何だここは…。どうやら2棟並んだ細長い長屋の間の通路のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140533j:plain

そしてこれだ。スナックだったようだ…。いや驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140537j:plain

幸か不幸か向かいの建物が解体されていたため,引きでその姿を拝む。いい色だ。人の気配は全く無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140542j:plain

すぐ裏には岩盤質の山が迫る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140319j:plain

 バァード。

合点がいった。これの背面が,先程目抜き通り側から見えていたのだ。裏も表も存在感のある建物だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140547j:plain

嘗ての喧騒は消え,今ではヒグラシの声しか聞こえない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140552j:plain

アンテナや室外機も見当たらない,倉庫のような建物が,岩肌にへばりつくように建っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200829140302j:plain

色気のある,美しい並びだった。探訪する時間帯も,この場所に相応しかったように思う。

記事に記した情報は全て帰京後に調べたものであり,現地にはただただ「嗅覚」のみで辿り着いた。久々の街歩きだったが,自分のアンテナの精度に,少しばかり悦に入ってしまった。

 

さて,既にスケジュールは大きく押しているのだが,中央町のスナック街も見て回ろう。

その4へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ