梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

津久見工場夜景(3):堅浦にて,津久見湾越しの夜景。

f:id:anachro-fukurou:20200831101755j:plain

幻影。 2020.08.20 大分・津久見

  


8月20日(木)。大分出張の前日。崎で太平洋セメント大分工場跡のEREXのプラントの後は,津久見太平洋セメント津久見工場を撮影してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

プラントの北側,堅浦から,湾越しに撮影してみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101800j:plain

湿度がかなり高く,工場の背景になる山際の空にはガスが掛かったようになっていて,そこまで黒くない。夏の夜景の難しさである。しかしそれでも画角手前,湾の水面は黒々としていて,良い鏡面となって光芒を形作ってくれている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101805j:plain

まずは向かって左側。公道からはアクセスできない場所を撮っている格好だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101809j:plain

クレーンがせっせと働いている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101823j:plain

 もっといかつい望遠レンズがあれば,さらに拡大してみたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200902092848j:plain

しかしトリミング耐性は高いので,切り出してみる。画角いっぱいにプラントの細線が広がる構図,とても気持ち良い。
 

f:id:anachro-fukurou:20200831101813j:plain

続いてはその右側,ちょうど先程まで居た「津久見タワー」とその周辺である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101818j:plain

巨大なプラントが,海岸線にへばりついている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200902091238j:plain

 タワーの「マンション部分」は,湾側に階段があったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101829j:plain

さらに向かって右側。積まれた細砂。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101834j:plain

どこを切り取っても面白い被写体なのだが,それを面白くしてくれているのが,水面の光芒である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101839j:plain

ナトリウムランプに照らされた一角は,異質の存在感。

 

f:id:anachro-fukurou:20200831101844j:plain

「夜の街」。
 

湾越しのアングルにしてはやや距離があるので,構図には限りがあった。とはいえ十分,楽しめた。時刻は既に23時半前。1時間ほどのドライブで大在に移動し,夕方の津久見市街から続く撮影を終えよう。

 

大在工場夜景へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ