梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

看板建築

三島散策(5):本町の路地と歓楽街。

2022年6月25日(土),三島散策へ。午後は一度伊豆長岡を歩いてから三島田町駅に戻り,三島大通りの看板建築などを見て回ってから,本町の歓楽街と路地を歩いた。

三島散策(4):三島大通りの看板建築を見る。

2022年6月25日(土),三島散策へ。午後は一度伊豆長岡を歩いてから三島田町駅に戻り,三島大通りの看板建築などを見て回った。

三島散策(3):ゑびす参道から三島二日町駅へ,看板建築を巡る。

2022年6月25日(土),三島散策へ。一番町,大宮町を歩き,三島大社を参拝した後は,ゑびす参道を歩き,三島二日町駅へと抜けた。

三島散策(2):大宮町を歩き,三島大社へ。

2022年6月25日(土),三島散策へ。一番町を歩き終えた後は,大宮町を歩き,看板建築と短いアーケードを見ながら三島大社へ。

弘前散策(7):髙木靜一商店,中土手町商店街ほか。

2022年5月25日(水)。弘前出張後,引き続き市内を巡る。レンタサイクルの返却時間が迫る中,2kmほどペダルを漕ぎ,髙木靜一商店を訪れた。自転車返却後は中土手町商店街を歩いた。

弘前散策(6):街が黄色く色付く頃に。

2022年5月25日(水)。弘前出張後,引き続き市内をレンタサイクルで巡る。旧藤田家別邸洋館と,昼頃に軽くさらった建物たちを中心に,黄色い光の下で撮影した。

弘前散策(5):新町・駒越町の街並みと城西の近代建築。

2022年5月25日(水)。弘前出張後,引き続き市内をレンタサイクルで巡る。弘前城の西側の県道3号線沿い,新町・駒越町を見た後は,五十石町,紺屋町へ。

弘前散策(4):「定番」の近代建築を巡る。

2022年5月25日(水)。弘前出張当日,市内をレンタサイクルで巡る。カトリック弘前教会を発ち,点在する近代建築を巡ってから仕事場へ向かった。

弘前散策(3):日本基督教団弘前教会,カトリック弘前教会ほか。

2022年5月25日(水)。弘前出張の朝,市内をレンタサイクルで巡る。禅林街を発ち,日本基督教団弘前教会,名も無き近代建築,カトリック弘前教会を巡った。

栃木市散策(2):ミツワ通り共栄会,旧岡本医院,若松理容ほか。

2022年3月20日(日),栃木市散策へ。駅北口からミツワ通り共栄会を歩き,巴波川沿いの一角のほか,近代建築「若松理容」を撮影した。

早春の飯能散策(2):吉川理容所,土肥歯科,飯能大通り商店街。

2022年3月12日(土),昼過ぎに出発し,飯能を散策。東飯能駅付近から西へと歩き,飯能銀座・吉川理容所とその周辺,飯能大通り商店街・土肥歯科とその周辺を歩いた。

桐生散策(1):錆色の看板建築,末広町から本町通りへ。

2022年2月27日(日),桐生へと足を運んだ。駅北口出て西,錆色の看板建築を見た後は,末広町を散策し,本町通りへと抜けた。

村山駅前散策:「大山呉服店」とその周辺の街並み。

2021年11月28日(日)。新庄出張の前々日,早朝に東京を発ち,まずは山形県・奥羽本線の村山駅へ。後続の鈍行列車までの30分ほどの時間で,近代建築「大山呉服店」とその周辺の街並みを撮り歩く。

佐原散策(2):重伝建・忠敬通り沿いの文化財建造物と看板建築。

2021年11月11日(木)。鹿島出張の朝,小一時間だけ佐原を散策する。県道55号線を南東に歩き,横川岸商店街を撮影した後は,忠敬通り沿いの街並みと看板建築をさくさくと撮影。

看板建築の街・石岡,朝の散策。

2021年10月18日(月)。水戸出張当日の朝,土浦に続き,看板建築で有名な石岡を再訪・散策する。

土浦散策(8):早朝の桜町,ナカムラ時計店の看板建築ほか。

2021年10月18日(月)。水戸出張当日の朝,土浦を歩く。桜町2丁目の歓楽街の外周,ナカムラ時計店の看板建築などを見て回る。

土浦散策(7):秋の夜長に,看板建築とMALL505を撮る。

2021年10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦を歩く。桜町1丁目の歓楽街,MALL505,土浦名店街,看板建築群を巡り,旧真鍋宿の街並みで日没を迎えた。夜も看板建築とMALL505を撮影。

土浦散策(5):看板建築「石上霞月堂」と,中城通り・本町通りの街並み。

2021年10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦を歩く。桜町1丁目の歓楽街,MALL505,土浦セントラルシネマズ,土浦名店街を巡った後は,看板建築「石上霞月堂」と中城通り,本町通りの街並みを撮り歩く。

土浦散策(4):武蔵屋とセントラルシネマズと,土浦名店街。

2021年10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦を歩く。桜町1丁目の歓楽街,MALL505を巡った後は,そのすぐ近くの看板建築「武蔵屋」,土浦セントラルシネマズ,まさかのハロウィン仕様のアーケード商店街「土浦名店街」を撮影。

土浦散策(1):桜町1丁目,雨の歓楽街と桜小路。

2021年10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦を歩く。雨の中,駅西口・桜町1丁目の歓楽街,桜小路を撮り歩く。2020年6月撮影分も併せて紹介。

木更津散策(4):二大看板建築と仲片町商店会の街並み。

2021年10月22日(金)。雨の木更津を歩く。富士見通りの寂れたアーケード商店街とその周辺の街,富士見2丁目・木更津会館の裏手にある飲食店街の路地を歩いた後は,中央2丁目の街並みと看板建築を撮り歩く。

浜松駅北口:ランプ横丁,猫っ跳び小路,十八番街と三米商店。

2021年9月11日(土)。浜松引佐出張の翌朝は,掛川,遠州森町に続き,二俣町を散策。遠鉄電車で浜松に戻り,駅北口の街を歩く。時間も限られているので,ランプ横丁,猫っ跳び小路,十八番街の路地と,三米商店の看板建築をサクッと巡る。

天竜・二俣町(2):横町とその周辺,蔵のある街。

2021年9月11日(土)。浜松引佐出張の翌朝は,掛川,遠州森町を散策。その後は天浜線の二俣本町駅から,秋葉街道の宿場町,天竜川の水運で栄えた二俣の街へ。クローバー通りの看板建築群に続き,横町とその周辺の街を歩く。

天竜・二俣町(1):クローバー通りの看板建築,旅館のある街並み。

2021年9月11日(土)。浜松引佐出張の翌朝は,掛川から天浜線で遠州森へ。森町の仲町商店街とその裏路地を歩くも,突如として「降雨コールド」。戸綿へとバスで移動し,天浜線で二俣本町へ。秋葉街道の宿場町,天竜川の水運で栄えた二俣の街を歩く。

福島駅東口(1):北裡商店街&中央通りの歓楽街。

2021年6月17日(木)。出張調査を終え,斎川・越河・貝田,藤田,桑折の奥州街道宿場町,伊達市・天王通りの商店街を巡り,福島に車を返却。北裡商店街と,中央通りの歓楽街を歩く。

伊達郡桑折町:看板建築・本間理容と,旧桑折宿の街並み。

2021年6月17日(木)。出張調査を終え,白石から福島へと車を回送する道中で,奥州街道の旧宿場町を巡る。斎川・越河・貝田,藤田宿に続き,伊達郡桑折町。本間理容の看板建築と,桑折宿跡の街並みを撮影する。

伊達郡国見町藤田:奥州街道旧藤田宿の街並み。

2021年6月17日(木)。出張調査を終え,白石から福島へと車を回送する。高速ではなく下道を利用し,その道中で,奥州街道の旧宿場町を巡る。斎川・越河・貝田に続き,藤田宿跡にやって来た。

宮城県村田町:重要伝統的建造物群の蔵の街並みを歩く。

2021年6月17日(木)。郡山にて,本日1件目の出張調査を終え,2件目までの間の移動時間で,宮城県村田町へ。重要伝統的建造物群の蔵の街並みを歩く。

福島県郡山市(5):中町・表参道の居酒屋街,朝に再訪。

2021年6月17日(木)。出張当日の早朝に,郡山の市街地を散策する。本町,堂前町のスナック街に続き,中町・表参道の「魔窟」的な一角を再訪する。

福島県郡山市(4):堂前町・朝のスナック街,究極の「散歩道」。

2021年6月17日(木)。出張当日の早朝に,郡山の市街地を散策する。本町の街並み,看板建築界のスター「吉田薬局」に続き,堂前町のスナック街を再訪する。昨晩は暗くて撮影不可能だった箇所に,実にフォトジェニックな路地があった。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ