梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

土浦散策(8):早朝の桜町,ナカムラ時計店の看板建築ほか。

f:id:anachro-fukurou:20220114232846j:plain

角のある意匠。 2021.10.18 土浦

 


10月18日(月)。水戸出張の当日である。前日は桜町の歓楽街,川口ショッピングセンター MALL505,土浦名店街などを巡り,看板建築群を撮り歩きながら駅西口を北上し,旧真鍋宿で日没を迎えた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

18日はわざわざ早朝6時前に起床。朝食のコンビニパンを頬張り,カメラだけを持って朝の散策に出掛けた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232545j:plain

異様なサイズ感。時折このような,階高に対して看板部分がやたら大きい建物を見掛けるのだが,やはり根底には「大きく見せたい」という願望が存在しているのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232549j:plain

八間通りに出た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232829j:plain

朝の光が,街を柔らかく照らしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232553j:plain

筑波銀行桜町支店の西側へ歩いてゆく。マッサージ店の脇から奥に路地が伸びている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232834j:plain

平等に朝は訪れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232838j:plain

荒れた空地と古家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232842j:plain

そしてこの日のお目当て,ナカムラ時計店の看板建築に到着。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232556j:plain

6本のツノが生えている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232600j:plain

小ぶりだし,際立った装飾は無いのだが,存在感は十分である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232850j:plain

これで土浦に現存する著名な看板建築は,一通り押さえることが出来ただろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232854j:plain

南へと折れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232858j:plain

八間通りの1本南の道。朝陽が眩しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232902j:plain

さらにもう1本南の細い路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232906j:plain

その南は「きらら通り」,六間通りとも呼ばれるらしい。大通りの風格が漂うが…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232911j:plain

きらら通りから南北にも路地が走る。こちらは北側への道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232813j:plain

夜の店の看板がちらりと顔を出す。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232809j:plain

静かな朝。

すぐ近くの駐車場には,早朝にもかかわらず黒塗りの車が多数停められていて,物々しい雰囲気だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232603j:plain

今度はきらら通りの南側へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232607j:plain

嘗て店舗だったと思しき建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232611j:plain

BAR すずらん。電球の明かりはもう灯らないのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220114232615j:plain

スナックや居酒屋が並ぶ一角。

さて,桜町2丁目の「クリーン」な場所の紹介は簡単に終えて,肝心の中心街へと踏み込もう。

 

その9へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ