梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

小倉・旦過市場(4):深夜2時の静寂と,朝10時の活況と。

2016年8月25日(木)。北九州の工場夜景の撮影を終え,小倉へ戻る。漫画喫茶に泊まる前に,深夜2時半の旦過市場を覗く。アーケードの照明が落ちた暗い市場を撮影し,就眠。翌朝ふたたび訪れると,その活況に驚いた。

小倉・旦過市場(3):営業終了後,閑寂の大商店街を歩く。

2016年5月1日(日)。熊本地震の現地調査の前日,ひっそりと非日常の時間を取り,小倉・旦過市場へ。日曜日の18時をすぎ,ほぼすべての店が閉店。閑寂の商店街は,格好の被写体となる。

小倉・旦過市場(2):閉店直前の旦過中央市場と,新旦過街と。

2016年5月1日(日)。熊本地震の現地調査の前日,ひっそりと非日常の時間を取り,小倉・旦過市場へ。閉店直前の旦過中央市場と,市場の西側の外観を撮影してゆく。

小倉・旦過市場(1):日曜日の夕べ,「北九州の台所」を歩く。

2016年5月1日(日)。熊本地震の現地調査の前日,ひっそりと非日常の時間を取り,小倉・旦過市場へ。日曜日の夕べ,シャッターを下ろす音が時折聞こえてくる中,「北九州の台所」を撮影してゆく。

北九州工場夜景(3):奥洞海にて,東海カーボン・三菱ケミカルを撮影。

2016年8月25日(木)。「聖地」の一つ,北九州の工業地帯で工場夜景の撮影。延命寺臨海公園,JNCマテリアル戸畑工場,九州電力新小倉発電所などを巡った後は,洞海湾の北側に回り込み,東海カーボンと三菱ケミカルのプラントを海越しに撮影。

北九州工場夜景(2):JNCマテリアル戸畑工場,九州電力新小倉発電所ほか。

2016年8月25日(木)。「聖地」の一つ,北九州の工業地帯で工場夜景の撮影を試みる。小倉の延命寺臨海公園に続き,JNCマテリアル戸畑工場,九州電力新小倉発電所,黒崎の三菱ケミカルのプラントなどを巡る。

北九州工場夜景(1):新日鐵住金八幡製鉄所(現・日本製鉄九州製鉄所)の夕景。

2016年8月25日(木)。「聖地」の一つ,北九州の工業地帯で工場夜景の撮影を試みる。まずは小倉の延命寺臨海公園で工場夕景の撮影。刻々と表情を変える夕空を背に,海に浮かぶように佇む八幡製鉄所のプラントが美しかった。

大阪・鴻池商店街:至高のファサードを持つ木造アーケード商店街,在りし日の姿。

2016年8月23日(火)。福岡での建築学会大会へ向かう道中,名古屋に続き新大阪でも途中下車し,鴻池新田の鴻池商店街へ。今は無き木造アーケードの商店街と,至高のファサードを振り返る。

名古屋・中央菓子卸市場(3):「レトロ」を越えた「リアル」な昭和。

2016年8月23日(火)。福岡での建築学会大会へ向かう道中,名古屋で途中下車し,旧・明道町(現・西区幅下)の菓子問屋街に残る中央菓子卸市場を再訪。市場周辺の問屋街と,木造アーケード市場の内部を撮り尽くす。

名古屋・中央菓子卸市場(2):木造アーケード内に残る戦後の空間。

2016年8月23日(火)。福岡での建築学会大会へ向かう道中,名古屋で途中下車し,旧・明道町(現・西区幅下)の菓子問屋街に残る中央菓子卸市場を再訪。夏の陽光の下,遂に木造アーケード市場の内部を撮ることができた。

名古屋・中央菓子卸市場(1):芸術的なファサードと周辺の鄙びた街並み。

2016年7月31日(日)。研究室旅行の初日に単身,新幹線で名古屋へと向かった。まっしぐらに目指したのは,名古屋駅から徒歩20分ほど,旧・明道町(現・西区幅下)の菓子問屋街に残る中央菓子卸市場である。

旧米沢高等工業学校本館:1910年竣工の美麗な近代建築を見学。

2016年9月23日(金)。仙台での学会の発表を終え,朝の仙山線で山形へ。左沢線を乗り潰してから米沢に入り,散策の途中で旧米沢高等工業学校へと向かった。 探訪時106歳,国内7番目の官立高等工業学校の近代建築を堪能する。

米沢散策:米沢城周辺と市街地と「東光」の酒造資料館を巡る。

2016年9月23日(金)。仙台での学会の発表を終え,仙山線・奥羽本線経由で米沢へ。旧米沢高等工業学校の後,米沢城周辺の市街地と,「東光」でお馴染み小嶋総本店の酒蔵(酒造資料館)を見て回る。

飯坂温泉散策:冷たい秋雨の降る夕刻,鯖湖湯に癒される。

2016年9月20日(火)。仙台での学会の前日,急遽切符を変更して福島へ。福島交通飯坂線に揺られ,飯坂温泉へと向かうことにした。初秋にしては寒く,気温は8℃。鯖湖湯の高温の湯とラジウム玉子パンと,雨の藤田駅の思い出。

有楽町・新橋ガード下(2):今は無き西銀座某センター。

某年某日。今は無きガード下,西銀座某センターの様子を振り返る。

有楽町・新橋ガード下(1):有楽町高架下センター商店会,有楽コンコースほか。

2016年10月16日(日)。15時に東京駅で集合。新橋で佳肴にありつくまでの間,有楽町高架下センター商店会,有楽コンコースなどのガード下の街並みを撮り歩く。

センシュアス・シティ、大井町(3):東小路&平和小路,2016年の記録。

2016年11月26日(土)。研究室関連の議事録取りの仕事の前に,大井町の街を撮り歩く。晩秋の寒い夕暮れ時,東小路と平和小路はあっという間に宵闇に溶けてゆく。

横浜・磯子工場夜景(2):根岸湾越しに見た製油所の夜。

2016年12月17日(土)。六角橋商店街仲見世,洪福寺松原商店街に続き,磯子の工業地帯へ。新磯子町から,根岸湾越しにENEOS根岸製油所の工場夜景を撮影する。

横浜・磯子工場夜景(1):新磯子町から根岸製油所の夕景を撮る。

2016年12月17日(土)。六角橋商店街仲見世,洪福寺松原商店街に続き,磯子の工業地帯へ。新磯子町から,根岸湾越しにENEOS根岸製油所の夕景を撮影する。

横浜・洪福寺松原商店街:4年半前の冬の日と,遠い幼少の日々を想う。

2016年12月17日(土)。冬の正午の陽射に照らされる六角橋商店街仲見世(六角橋商店街ふれあい通り)を撮影した後は,洪福寺松原商店街へ。2021年8月再編集,4年半前の冬の日と,遠い幼少の日々を想う。

横浜・六角橋商店街(2):現役の木造アーケード商店街を撮る。

2016年12月17日(土)。11時に東横線白楽駅でくはね氏と集合し,駅前の六角橋商店街へ向かった。冬の正午の陽射に照らされる仲見世(六角橋商店街ふれあい通り)を,広角レンズで撮影してゆく。

横浜・六角橋商店街(1):仲見世(ふれあい通り),師走の活況。

2016年12月17日(土)。11時に東横線白楽駅でくはね氏と集合し,駅前の六角橋商店街へ向かった。仲見世(六角橋商店街ふれあい通り)の師走の活況を撮影してゆく。

横浜・本牧工場夜景(2):根岸製油所のタンクと南本牧埠頭のキリン。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して横浜へ。笹山団地,丸山日用品市場を撮影した後,本牧臨海公園の展望台で工場夜景を撮影する。ENEOS根岸製油所のタンク,南本牧埠頭のガントリークレーンを眺める。

横浜・本牧工場夜景(1):本牧臨海公園から根岸湾の夕景を撮る。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して横浜へ。笹山団地,丸山日用品市場を撮影した後,本牧臨海公園の展望台で工場夜景を撮影する。桃色の夕空が美しかった。

滝頭・丸山市場(2):「魚増」ほか,現役の商店たち。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して横浜へ。笹山団地に続き,商店街からバスで根岸橋まで移動し,丸山日用品市場にやって来た。美空ひばりの実家として有名な「魚増」のほか,現役の商店が並ぶ市場を撮影した。

滝頭・丸山市場(1):根岸橋通商店街と「丸山日用品市場」。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して横浜へ。笹山団地の南側の笹山中央マート・笹山アーケード商店街を撮影し,バスで磯子区の滝頭まで移動。根岸橋通商店街を歩き,丸山市場(丸山日用品市場)にやって来た。

横浜・笹山団地(2):笹山アーケード商店街,年の瀬の静けさ。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して撮影に向かう。横浜駅から40分ほどバスに揺られ,笹山団地へ。笹山中央マートに続き,笹山アーケード商店街を撮影する。

横浜・笹山団地(1):黄色いテントの笹山中央マート。

2016年12月30日(金)。師走の喧騒を飛び出して撮影に向かう。横浜駅から40分ほどバスに揺られ,笹山団地へ。黄色いテントが目印の笹山中央マートにやって来た。

川崎・扇町工場夜景(3):扇町駅付近,敷地内のような迫力。

2021年7月15日。3年ぶりに川崎市の小向マーケットを訪れた後,扇町の工業地帯にやって来た。昭和駅近くの扇橋に続き,扇町駅に移動し,駅徒歩圏内で撮影を楽しむ。

川崎・扇町工場夜景(2):昭和電工の夜景は望遠レンズで撮る。

2021年7月15日。3年ぶりに川崎市の小向マーケットを訪れた後,鶴見線昭和駅から歩き,扇町の工業地帯にやって来た。扇橋から南渡田運河と浅野運河を望み,昭和電工のプラントの工場夜景を撮影する。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ