梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大分・中津散策(後編):スナックだらけの街を歩く。

f:id:anachro-fukurou:20200924221011j:plain

古スナック街。 2020.08.21 大分県中津市

 

8月21日は朝から別府市街散策。午後は出張調査の後,中津市街を散策。日の出町商店街,新博多町商店街,そして名もなき廃アーケード商店街を撮影してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここから,市内に点在する建築物と,スナック街を巡る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220859j:plain

信用組合の建築という情報もある。重厚な,ずっしりとした近代建築が残る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220904j:plain

木下履物株式会社。昭和の建築に,極めて現代的な車がミスマッチである。1階部分にかなりの高さがあるので,通常の店舗とは考えづらい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220909j:plain

石橋商店。隅切部の角度が浅い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220914j:plain

カットハウス「ギャル」のネーミング。店舗としては現役のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220918j:plain

凹凸のあるファサード

実は車にスマホを忘れてきてしまったため,ここからは記憶を頼りに歩く。残念ながら,幾つか見たかった建築を逃してしまった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220924j:plain

不思議にインパクトのあるツートンカラー。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220930j:plain

さて,寺町の南にあるスナック街に切り込んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220934j:plain

このスナック街,地名としては基本的には新天神町なのだが,天神町も複雑に食い込んでいる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220938j:plain

2本の通りのうち,南側の通り。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220943j:plain

早速切り込んでいってみる。年季の入った長屋建築がずらりと並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220949j:plain

圧縮効果がサマになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220953j:plain

飲んで歌って2000円。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220957j:plain

広角気味に撮影すると,壮観だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221001j:plain

こちらは北側の道。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221006j:plain

街に統一感があると思ったら,そもそも標準設計のようなものがあったようだ。纏めて建設された後,それぞれの店がそれぞれの方法でファサードを改造していったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221015j:plain

2階の庇のあたりに,それが見て取れる。4軒が1ユニットとなって,1棟を構成しているようだ。これが2本の通りの中に10棟ほど,背中合わせに建っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221020j:plain

スナックのママが数人,店に入っていった。昭和20年代生まれだろうか。あの様子を見る限り,店舗としては現役なのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221024j:plain

スナック,Newオールド。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221029j:plain

いったい何軒あるのだろう…。ざっと略算で10×4=40軒と,その向かい側にも同数あるとすると…。しかしいずれにせよ,現役の店舗はそこまで無いだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221033j:plain

2本の通りを繋ぐ細い路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221038j:plain

2本のスナック通りの南にも,また別なスナック街。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221043j:plain

横に島田神社という神社があるが,だからといってビルの名前が「シュライン・サイド」は…そこにスナックが詰め込まれているとは…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221047j:plain

散策の最後は日本料理屋の筑紫亭。登録有形文化財で,1914年竣工だという。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924221052j:plain

外観もなかなか良い雰囲気を保っていた。

本当は看板建築など,もう数軒を見られる筈だったのだが,スマホを車中に忘れてきたのはつくづく悔やまれる。まぁそれでも,スナック街はとにかく壮観だった。

 

さて,中津を後にし,車を北に走らせ,苅田の工場夜景の撮影に向かおう。

苅田・工場夕景へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ