梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

福島県郡山市(2):堂前町,スナック街の夜。

f:id:anachro-fukurou:20210629220727j:plain

歓楽街の夜。 2021.06.16 郡山市堂前町

 


6月16日(水)。郡山での出張調査の前日に,福島県内を散策。磐越東線大越駅の南側の名も無き商店街,磐城常葉駅前,船引町,三春町を歩いてきた。夜は郡山の街を散策している。

▼その1はこちらから。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

表参道から南西に歩き,堂前町のスナック街へと向かう。大通りから堂前町に切り込んだ瞬間,街の気配が急に変わり,住宅街のような静寂の中に,不思議な「気配」を感じた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220711j:plain

無音の静寂の中,看板建築のファサードが街灯にぼうっと照らされていた。腰壁部分に人影が写っているが,筆者のものなのでご心配なく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220716j:plain

早速,Googleマップでは道路として表示されない路地へ。スナックの看板の明かりが一軒,ひっそりと点っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220721j:plain

営業中。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220732j:plain

緑に呑まれた建物たちは,店舗として現役ではなさそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220737j:plain

路地から元の道に戻る。カラオケの歌声が響く。郡山で「よこはま たそがれ」を聴くとはね。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220743j:plain

先程の路地のもう1本西側の道を南下する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220748j:plain

「みちのく」は営業中だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220753j:plain

その他の店舗からは,ほぼ気配が感じられなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220759j:plain

1本東の道を北に進む。現役の店舗が幾つかあった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220807j:plain

プライベート。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220812j:plain

さらに細道を北上する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220817j:plain

大和田ビルの中の店舗も営業中だったのだろうか。蛍光灯が中廊下を静かに照らしていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220822j:plain

アミューズ 1」。2はあるのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220827j:plain

明かりは点り,宵闇は深く,辺りは静寂に包まれている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210629220832j:plain

郡山の夜は長い。

さて,堂前町の街並みの紹介が比較的あっさりと終わってしまったが,あまりにも暗くて撮影不可能な箇所が多かったためである。撮れ高はそこまで多くなかったが,店舗が現役かそうでないかを判別することが出来たので,夜の散策は有意義であった。この日はこれにて撮影を終え,夕食と翌日の朝食を買い込み,ホテルに戻る。シャワー後に食べた酪王モナカアイスが実に美味だった。写真整理を済ませ,翌朝に備えて就眠。

 

翌朝も改めて郡山市街を散策したので,その様子は次の記事で紹介しよう。

その3へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ