梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

福島県郡山市(5):中町・表参道の居酒屋街,朝に再訪。

f:id:anachro-fukurou:20210704173236j:plain

袋小路の朝。 2021.06.17 郡山市中町

 


6月17日(木)。前日は福島県内を散策。磐越東線大越駅の南側の名も無き商店街,磐城常葉駅前,船引町,三春町,郡山の夜の街を散策。出張調査の当日朝に,ふたたび郡山の市街地を歩いている。

▼その1はこちらから。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

堂前町を出て,中町の表参道へと戻る。昨晩の逆ルートを辿る格好である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172916j:plain

市街地には大型のビルがゴロゴロと建っているのだが,廃墟化しているものも多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173215j:plain

支那そば店の朝。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172921j:plain

夜見てもドサクサ感が凄かったが,朝見てもやはりイメージ通り,滲み出す昭和のオーラが強烈である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172927j:plain

街角にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173220j:plain

参道側を見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172934j:plain

自然光の下では,色鮮やかに。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172941j:plain

しかし袋小路に入ると,色は無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173225j:plain

閑寂の朝。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173230j:plain

視点を下げて,2本目の袋小路に正対する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172946j:plain

夜とは違った,「営業時間外」のオーラを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172951j:plain

昨晩明るかった看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704172956j:plain

昨晩はディテールが黒く潰れてしまったが,朝の光の中では細部までよく見て取れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173012j:plain

ハバナ,壁側のフォントが最高である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173022j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210704173001j:plain

2階部分が互いに競り出し合っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173007j:plain

最奥部,廃墟化。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173028j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210704173241j:plain

広範囲ではないのだが,密度・濃度が高く,お腹一杯である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210704173033j:plain

ホテルに戻る途中に看板建築を一軒撮影。これにて朝の散策を終え,仕事へと向かった。

この日の仕事は郡山と,宮城県蔵王町をハシゴするというアクロバティックな計画。移動の途中での寄り道の際にもしっかりと街並みを撮影したので,続いてはそちらを紹介しよう。

村田町,重伝建の蔵の街並みに続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ