梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

伊達郡桑折町:看板建築・本間理容と,旧桑折宿の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20210707222655j:plain

本間理容の看板建築。 2021.06.17 桑折宿跡

 


6月17日(木)。前日は福島県内を散策。大越町,船引町,三春町,郡山・中町と堂前町を散策。出張調査の当日朝は郡山の市街地を歩き,調査の間の移動時間では村田町の重伝建を歩いた。仕事後は,福島への車の返却回送の道中,奥州街道の宿場町を巡る。斎川宿から順に,越河宿,貝田宿,藤田宿と巡って来た。

▼斎川・越河・貝田編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

藤田の街並みを後にし,続いて向かったのは桑折(こおり)の町である。

桑折町と言えば,建築好きの人間がなら伊達郡役所を真っ先に思い浮かべるだろう。少なくとも筆者はその一人である。本年2月の地震による被害が発生し,現在は臨時休館というのが悔やまれる。仕方が無いので,街並みをさくさくと見て回ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222646j:plain

日立のロゴはいつ見ても素晴らしい。藤田宿に続き,ここも渡辺姓である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222651j:plain

佐藤金治商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222752j:plain

旧道だが,交通量が非常に多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222701j:plain

桑折散策のメインディッシュ,本間理容の看板建築である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222706j:plain

午後の陽射をファサードに受け,デザインの立体感が強調される。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222801j:plain

すぐ横の路地を,おばあさんがゆっくりと歩いて行った。まだ6月中旬だが,陽光の強さが夏の旅情を掻き立てる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222757j:plain

重厚な看板部。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222710j:plain

角度を変えながら,しつこく撮影してしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222716j:plain

現役の店舗であるという点がなお素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222807j:plain

年季の入った時計は,今日も正しく時を刻んでいた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222812j:plain

さて,南へと折り返す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222817j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210707222721j:plain

御菓子司 なおえ,靴・バッグ 志田商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222725j:plain

1階の大きな庇が印象的な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222825j:plain

福島交通の車両は,どこもかなり新しくなっているようだ。方向幕の車両は,昨日の昼に郡山駅で1台見掛けたのみだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222831j:plain

不思議な路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222836j:plain

商店街らしさ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222736j:plain

垂直方向が強調されたデザインの看板建築。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222731j:plain

立体的な曲面を描く装テン。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222851j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210707222740j:plain

小平・団地北口通りの記事でもこんな構図の写真をアップしたのだが,テントの中に入るのが筆者の最近の密かなブームである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222745j:plain

暖色に染まる街並みは,いつも美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222840j:plain

嘗ての大幹線の宿場町。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222845j:plain

突き当たりの伊達郡役所が少しずつ大きく見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222855j:plain

資生堂チェインストア せんだいや。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222901j:plain

これにて桑折の散策は終了。

伊達郡役所があるので,遠くない将来,この街を再訪する機会があるように思う。せめてそれまでの間だけでも,街並みが少しでも引き継がれてゆくこと,願わくは少しでも商店街が勢いを取り戻すことを祈るばかりであるが,状況はそう甘くもないのだろう…。今はまさに時代の狭間である。2つ前の年号の時代の光景を追い求めること自体が,少しずつ難しくなっている。やはり先延ばしにせず,少しでも気になった場所があれば,すぐに足を運ばなければいけない。 

 

伊達市伊達町,天王通り商店街に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ