梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

福島駅東口(3):アーケード飲食店街「狸小路」を撮る。

f:id:anachro-fukurou:20210710215420j:plain

狸小路 2021.06.17 福島駅東口

 


6月17日(木)。現地調査の移動時間では村田町の重伝建を歩き,仕事後は福島への車の返却回送の道中,奥州街道斎川宿,越河宿,貝田宿,藤田宿,桑折宿を巡り,最後は伊達市の天王通りの商店街を訪れた。福島では,中央通り・北裡商店街を歩き,昭和感溢れる飲食店街・新町ビル街を撮影した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

新町ビル街を紹介したその2とは時系列が一部前後するのだが,この記事では中央通りの北側に位置する狸小路を中心に紹介する。新町ビルと並び,今回の福島散策のメインディッシュの一つである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215349j:plain

狸小路。アーケード式の居酒屋街である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215218j:plain

アーチの柱が細い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215223j:plain

この水色からも昭和を感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215354j:plain

内部へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215358j:plain

煙突が空へと伸びる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215404j:plain

客引きは禁止。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215410j:plain

アーケード屋根は鋼製。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215415j:plain

縦構図がサマになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215228j:plain

すなっく つかの,スナック 夕子。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215426j:plain

フィリピン料理と,支那そばと。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215431j:plain

突き当たりは,また別のスナックビルに連続している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215435j:plain

入口側を振り返る。道幅に対して背が高い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215236j:plain

自販機のあるアーケード。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215441j:plain

2階は住居だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215242j:plain

看板が密集する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215246j:plain

藍。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215446j:plain

焼鳥屋。コロナ禍でなければ,散策後にふらっと入りたい店構えだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215251j:plain

時折,店員と思しき人が歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215256j:plain

昭和96年。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215301j:plain

やはりここが最も美しいアングルか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215451j:plain

国鉄を彷彿とさせる字体。この時代に生きたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215456j:plain

その2で紹介した新町ビル街を後にし,中央通りを東へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215307j:plain

いよいよ黄昏時。店の灯りが一つ一つ点り始める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215311j:plain

県庁通りにて。「歌謡スタジオ オンチ」には声を出して笑ったw

オンチのせいで「うたう喫茶 ハミング」も何だかじわじわくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215501j:plain

3階建の立派な建物。元は店舗だったのだろうか,10年前のストリートビューの時点では既に現在と同じダンススクールになっている。1階は全面ガラス張りで,外からレッスンの様子がよく見えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215506j:plain

文化通りに入り,駅方面に戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215316j:plain

橙色の道。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215511j:plain

いろいろ おかずの店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215322j:plain

横長の看板を路地に対して伸ばす貪欲さ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215516j:plain

大山せん遍以。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215521j:plain

そして夜の姿を見に,狸小路に戻って来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215329j:plain

思ったよりも暗い。夕方に撮影しておいて良かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215526j:plain

突き当たりの新しい建物は現役バリバリだったが,狸小路の中のスナックの看板は灯りが点っていなかった。現役の店舗は,さほど多くはないようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215531j:plain

蛍光灯の仕込まれたアーチ看板,そそられる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215335j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210710215340j:plain

さらば。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215344j:plain

駅の近くには,古めかしい3階建の建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710215536j:plain

これにて散策終了。

コンビニで夕食のパンを買い,19時半頃発のやまびこ号で帰京。各駅に停車する遅めの列車だったが,車内は終始空いていて快適だった。

たったの1日半で21記事分になってしまったのは,些か「やりすぎ」だったかもしれないが,大越に始まり,船引,三春,郡山,村田,奥州街道宿場町そして福島,いずれも面白い散策だった。これからも自分の欲求と上手く見合った旅を心掛けてゆきたいと思う。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ