梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

久留米散策(4):新京極通りと3つ目の木造アーケード。

3つ目の木造アーケード。 2022.08.01 久留米

 


8月1日(月)。長崎出張の前日,有休を使って福岡県内を散策。朝倉市甘木の木造アーケードを歩いた後,ホテルをチェックアウトし,久留米の歓楽街,文化街商店街,日吉村とその周辺を歩いている。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,久留米散策も終盤である。

 

新京極通り。

 

アーチの向こうに。

 

妖艶なり。

 

ローアングルの似合う道。恐らく左に傾斜している。

 

夜の街のような,日常空間のような,曖昧な街である。

 

背後に見えるビルが,空間の奥行と雰囲気を強調する。

 

日常。

 

小春。

 

六ツ門に戻って来た。

 

明治屋精肉本店の看板建築。

 

久留米協会。喪服の方々が居た。

 

六ツ門のアーケードの横に伸びる,久留米の第三の木造アーケードへ。

 

昨晩,夕食にありついた場所である。

 

昼の静寂。

 

軽快な屋根。

 

T字路の美。

曲がった先はラーメン屋への行列が出来ていたので,敢えて近寄らず。

 

化粧品店。

 

振り向く。

 

肉屋。

 

果実店。

 

「あけぼの商店街」と呼ぶらしい。ロゴ格好良すぎる…Tシャツがあったら欲しい。

 

熊のある路地。実は昨晩,この右側の店に入ろうとしたのだが,あいにく終わってしまったところだったので,結局アーケード側のひとくち餃子の店に入ったのだった。

 

角。

 

間の道。

 

アーケードではない方の外観。

 

一番街を抜け,西鉄久留米駅へと戻ろう。

 

黄色い昼。

 

北側に伸びる路地へ。

 

局所的に昭和が息衝いているのだ。

 

209号線の北側の細道を最後に少しだけ歩いたが,被写体となる景色は少なかった。

 

これにて久留米の散策を終了。文化街,日吉村そして六ツ門と,計3つの木造アーケードを擁する久留米。街自体はとても新しいのだが,ひなび散歩の対象としても侮れない存在であった。

12時40分頃のバスに飛び乗り,八女福島へと向かった。

 

八女福島散策に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ