梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

八女福島散策(4):重伝建の街並みを歩く。

豪奢。 2022.08.01 八女福島

 


8月1日(月),長崎出張の前日。午前は朝倉市甘木と久留米を散策し,昼過ぎに八女福島へバスで移動。木造アーケード・土橋市場と土橋商店街を撮影した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここからは街歩き。重伝建を擁する八女福島をひたすら歩く。

 

鮮やかな赤。

 

目抜き通り。

 

車通りは多い。

 

紺屋町交差点,お多福窓が綺麗。

 

南へ曲がると,重伝建らしい風景。

 

間口の広い入母屋屋根の旧家が連なる。

 

街角。

 

壮観である…。

 

豪奢でいて繊細。

 

重伝建の主たる道を,西へ。

 

ライオン歯磨。

 

エメロン石鹸,ごきげんよう。

 

独特の意匠。

 

裏道をちらりと覗く。

 

兄弟。

色も質感も素敵な看板建築だ。

 

側面には丸窓。

 

引き続き歩く。

 

目を引く建物はそこかしこに。

 

京町交差点にて。

 

三方向に下屋が付く,不思議な構成である。

 

現役の店たち。

 

酒店の看板も魅力的。

 

整備されすぎていないのが丁度良い。

 

カイトが睨む店先。

 

気付けば雲は晴れ,すっかり夏模様だ。

 

しかし,買い食いできる店が無い。昼食がおざなりになっているので,非常食で空腹をしのぎつつ,散策を続行する。

 

その5(終)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ