梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

八女福島散策(5):重伝建の西側とその周辺を歩く。

酒蔵のある景色。 2022.08.01 八女福島

 


8月1日(月),長崎出張の前日。午前は朝倉市甘木,久留米を散策し,昼過ぎに八女福島へバスで移動。木造アーケード・土橋市場と土橋商店街を撮影した後は,重伝建の街並みを撮り歩いている。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

目抜き通りを歩き切ったので,南に折れる。

 

洋館風の2階の載る,変わった意匠。

 

水路際の夏休み。

 

北上。

 

木造3階建あらわる。

 

酒は旭松,矢原町は古い町名だ。

 

東矢原町の信号を越え,さらに北へ。

 

矢原町から西へ。

 

長い…!

 

酒蔵・喜多屋。

 

新たなる人生。

 

重厚。

 

東矢原町から紺屋町へ戻る。不動館,銭湯跡か。

 

商店,およびその痕跡。

 

セブンイレブンに寄ってから,南側の目抜き通りに戻る。

 

陽射は無いが青空だ。

 

岡伍平商店,さっき撮りそびれた鶴丸燐寸。

 

さて,バスターミナルに戻ろう。

 

気になる長屋を発見。

 

飲食店とスナックが並んでいたようだ。

 

裏には水路が,先程の長屋に突き刺さるようにして伸びている。

 

気付けば陽光の色が黄色くなってきていた。

 

最後に土橋市場の入口,八幡宮の鳥居を撮影して,タイムアップ。

 

ここからは堀川バスにお世話になり,重伝建・黒木へと向かう。

 

黒木散策その1に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ