梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

久留米散策(1):夜の街,昼の顔。

文化街。 2022.08.01 久留米

 


8月1日(月)。長崎出張の前日,有休を使って福岡県内を散策。まずは荷物を置いたまま早朝に久留米のホテルを発ち,朝倉市甘木の木造アーケードを歩いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

久留米に戻り,荷物をピックアップしてチェックアウト。

昨晩に色々と思案した結果,チェックアウト後すぐにバスで西鉄久留米からJR久留米へと移動し,荷物をコインロッカーに預け,徒歩で再び西鉄久留米方面へと散策するのが最善策と判断したのだった。

その通りに遂行し,JR久留米から散策を開始,いや「再開」。

 

いきなり格好良い印刷所。

 

色も文字も素晴らしい。

 

あまり「味」の無い,特色の薄い景色がしばらくは続いた。

 

背の高い商店。

 

お目当ての近代建築は随分と「化粧直し」をしたようだった。

鄙びた姿を拝むつもりだったのだが…まあ,こんなこともある。充実した余生を送って欲しい。

 

ここから先が,「夜の街」である。

 

VANILLA.

 

想像を上回る規模,そして意匠性の高さ。

 

立派だ…。

 

晴れてきた。

 

「セクシーショーパブ」

 

長崎・船大工町を少し彷彿とさせる,電線の錯綜。

 

随分と凝った意匠ではないか。

 

よく晴れた。

 

色々な窓。

 

いやはや立派だ。

 

流石は福岡県内第3の市である…。

 

文化街商店街。

 

たちまち夏空に。

 

あまり露骨な看板は見当たらない。

 

と思ったら,あった。露骨というよりは「福岡だなぁ」という感じだ。

 

クリーニング屋。

 

文化街については,後程じっくりと回ろう。

 

一つ一つの建築の印象が軽く霞むほど,街全体としての意匠性の髙さ,そして街としての規模の大きさを痛感させられた。

 

総体として壮観だった。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ