梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

多摩湖散策(1):桜と猫と,村山下貯水池第一取水塔と。

取水塔夕景。 2022.04.02 多摩湖

 


4月2日(土)。ふと水辺に立ちたくなり,急遽夕方に出発して多摩湖へ向かった。

西武多摩湖線の終着駅・多摩湖駅の一つ手前,武蔵大和駅で下車した。

 

3/20の栃木市散策から殆ど外に出ていなかったので,満開の桜に驚かされた。

 

夕刻のベンチ。

 

村山下貯水池からの水が通った水門の復元模型で,1/2スケールだとか。

 

ユキヤナギが春を告げる。

 

源平桃も咲く。

 

狭山公園に入る。

 

 

多摩湖,正式には村山貯水池。1927年に完成した人造湖で,西側が村山上貯水池,こちら側は村山下貯水池である。

 

村山下貯水池第一取水塔(1925,東京都選定歴史的建造物)。RC造の取水塔,こんなにも美しい取水塔があるとは,恥ずかしながら知らなかった。

 

西洋建築が湖面に浮かぶさまは,どこか日本離れしている。

 

門の向こうで,猫が花見客のように寛いでいた。

 

暫く粘って「お願い」をしたら,ポーズをとってくれた。

 

人通りはまばらだが,決して少なくはない。

 

余水吐。

 

付け柱にはオーダーが見える。煉瓦調のタイルが美しい。

奥に見えているのは第二取水塔,1973年の建築だとか。

 

緑がかった湖面。目に穏やかな,優しい景色。

 

近くに人はなく,ぼうっとするのに丁度よい。

 

春の暮。

 

太陽を遮るものはない。

 

金色の時。

 

烏も愛らしく見える。

 

多摩湖線に遊園地,西武らしい景色。

 

滑らかな水面が,己の心の起伏をも平らにしてくれるようだった。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ