梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

本庄散策(3):三交通りの夕刻。

三交通りの夕刻。 2022.04.09 本庄

 


4月9日(土),本庄市を散策。旧児玉町(現・本庄市児玉町)の後,本庄市の中心街に戻り,煉瓦蔵やニシザワ写真館,本庄市銀座の路地を巡りながら,夕刻の街を撮影している。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

駅前通りを南下してゆく。

 

本庄駅北口交差点付近。このロゴはいつ見ても「眼」のようだ。

 

朝日通りを眺める。

 

アールと錆。

 

朝日通りの1本北を斜めに走る三交通りに入り直す。

 

スナック 天国。

 

八百屋に豆腐店。

 

昔から鳥のキャラクターに滅法弱い。愛しすぎて苦しいくらいには。

 

「本町三交商店会」の文字が見える。

 

一度北に折れ,「スナック縁」の横を抜ける。

 

路地の夕刻。

 

住宅街に残る洋服店と青果店。

 

ホルモンの金剛亭からは談笑する声が漏れ聞こえていた。

 

三交通りの五叉路で,真北に伸びる道へ。

 

もりしげ。

 

海鼠壁風の意匠。

 

文化持送りの夕べ。

 

クラブ東京の角を右に曲がれば,その2で紹介した道である。

 

先程よりもより一層,太陽が落ち,景色は黄色い光線を浴びて妖艶に染まっていた。

 

この色調に,春の訪れを感じるのであった。

 

街角でひときわ異彩を放つ建物には,本庄街なか映画館 シネマ銀座といった文字があった。

 

三交通りに戻って来た。

 

道幅はやや狭く,それが写真にはよく納まる。

 

5ミッキーに減っている…!

 

もう一つは三交通りに居た。健気だ…。

 

ミッキーの向かいの建物。

 

緩やかなカーブの先へ。

 

ああ,黄昏だ。美しい。

 

この時間は無条件で美しい。

 

銀座通りを渡り,西へ。

 

脇道。

 

「友情」と肉店。

 

染まる街。

 

黄昏色の情景。

 

その4へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ