梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大牟田散策(10):銀座通商店街のアーケードと,新銀座の木造架構。

新銀座。 2022.07.31 大牟田

 


7月31日(日),長崎出張の前々日。陸路で大牟田に入り,レンタサイクルで三池炭鉱宮原坑,万田坑,三川坑を見学。自転車を返却し,有明町年金通りと浪花街を歩いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,銀座通商店街へ。

 

「力作」である。

 

踏切側も,なかなか頑張った設計。

 

踏切の向こうには片アーケードが二つ。

 

日曜の夕刻,アーケードは静寂に包まれている。

 

やはり古賀姓が多い。

 

銀座通りの終点。

かつて左側の広大な敷地には何があったのだろう。

 

浮いているように感じる。

 

直交するはサンルート。

 

今日の最後のメインディッシュ,新銀座。日が長いお陰で何とかここまで来ることができた。まずは北側の一角へ。

 

木造アーケード,久々だ。束はダブル。

 

ファンタ。

 

「決めにいく構図」で。

 

アーケードの先。

 

堂々と。

 

整然。

 

アーケードの東側の外周。

 

素敵な化粧品店。

 

昭和の香り。

 

市松のタイルと装テンと。

 

新銀座,北から2番の区画へ。

 

「新」ではなくなった今。

 

錆色の面。

 

束を省略した平たいトラス。

 

簡素な照明。

 

だいぶ日が暮れてきたし,残る区画のメインディッシュを頂くとしよう。

 

その11に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ