梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大牟田散策(12):大牟田川周辺の街を歩く。

アーケード裏。 2022.07.31 大牟田

 


7月31日(日),長崎出張の前々日。陸路で大牟田に入り,レンタサイクルで三池炭鉱宮原坑,万田坑,三川坑を見学。自転車を返却し,有明町年金通り,浪花街そして新銀座を歩いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

新銀座をぎりぎり明るい時間に歩き切ったので,今日のミッションはほぼ終了である。撮影限界まで,界隈を歩く。

 

旧交番。

 

庇が印象的だった。

 

ストライプはもはや痕跡のよう。

 

アーケード裏,川沿いの景色。

 

セブンツーセブンに感動。

 

結局,惹かれているのは古さでも鄙びでもなく,もしかすると「手作り感」なのではないかと最近よく思う。

 

立派な商店街である。

 

サンルートの出口,パースペクティブ。

 

新銀座の中央区画の看板は何と光る仕様だった。「あ,光るんだ!」と思わず呟いた記憶。

 

裏手の道をゆく。

 

到津や下渕を彷彿とさせる雰囲気だった。

 

こうして切り取ると大阪の景色のようでもある。

 

アトリエ,黒の装テン。

 

アーケード裏散策はこの辺りで終了。

 

青色すらも流れし。

 

気になる一角,嘗てはアーチも掛かる歓楽街だったらしい場所へ。

 

辛うじてその雰囲気を保っていた。

 

歓び。

 

欄間の意匠が凝っていたり,なかなか普通ではなかった。

 

それでも解体が進み,更地が増えている様子ではあった。

 

壁。

 

現役かどうかも判然としない。

 

ポストアポカリプス感。

 

商店街。

 

小顔の親子。

 

市場,日曜の夕方遅くではやるはずもない。

 

工場の配水管が道路を跨いでゆく。

 

これを越えれば,新栄町が近い。

 

その13(終)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ