梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

秋色を蒐集し,黄昏の多摩川へ。

銅色。 2022.10.15 多摩川

 


10月15日(土),夕方に稲城長沼駅へ。長沼駅前飲食街,ペアリーロード稲城商店街を歩いた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

この日の目的地は長沼駅前のみ。ここからは多摩川に向けて,あてもなくのんびりと散策する。

 

柿の季節。

 

秋の色。

 

赤色。

 

目に付いた秋色を蒐集する。

 

川沿い。

 

いろいろな褐色。

 

色の溢れる季節。

 

茄子色。

 

多摩川に出た。

 

河川敷の穂。

 

憂鬱を携えて歩く。

 

雲が多く,夕陽は無い。

 

セイタカアワダチソウは,剽軽な姿にも見える。

 

何だかぐったりと疲れてきた。

 

写真にもその憂鬱が表れている。

 

10月中旬だと,まだ緑が多い。秋はまだ浅い。

 

目的地は一つだけ,あとはただぼうっと散策し,時折シャッターを切る。この気軽さ・気楽さで満足を得られる身体になれればよいのにと思った。

誰も居なかった。

 

橋の下で。

 

鈍い銅色の夕景。

 

どんよりとした心持で家路に就いた。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ