梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

銀雪のしなの鉄道撮影(5):牟礼~古間,戸草で山スカを迎える。

f:id:anachro-fukurou:20200718173431j:plain

愛を込めて。 2018.01.07 しなの鉄道 牟礼~古間
 

2018年1月7日,しなの鉄道北しなの線の撮影。妙高高原,黒姫,古間と南下してきて,午後は牟礼~古間間,戸草集落の有名撮影地を訪れている。初代長野色はもはや「お気に入り」となった。
anachro-fukurou.hatenablog.com

次の列車は,いよいよスカ色。初代長野色が気に入ったとはいえ,思い入れの深さはやはり「山スカ」が一番である。中央東線で撮影できなかったという未練が強いので,3連ではあるが,ビシッと決めたい。アングルは初代長野色と重複するが,やはり定番で待つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173418j:plain

朝一の信越大橋以来のスカ色,峠を越えてやって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173424j:plain

戸草のお立ち台に,名優あらわる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173438j:plain

伝統的ツートンカラー,冬にも映える。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173445j:plain

これが甲信越の冬である。

色の帯は滑らかに戸草の集落を抜け,古間駅へと走り去っていった。

 

続いては,先程下って行った湘南色の折り返しだ。再び線路際で待つ。

戸草隧道のポータル内が明るく輝き,暫くするとビビッドなツートンカラーが顔を出した。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173451j:plain

大断面の単線隧道。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173702j:plain

撮影者への一瞥をくれて,猛然と加速してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200718173457j:plain

峠越えに向けて,勢いは十分だ。

 

その6(牟礼~古間,初代長野色を面縦で決める)へ続く。

 

国鉄型車両の関連記事はこちらから

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ