梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

羽越本線沿線散策(26):間島・野潟の夕刻。

西日を見る。 2022.08.28 野潟

 


8月28日(日),酒田出張の前日は,羽越本線沿線へ。午前中は碁石,鼠ヶ関~府屋を歩く。昼食の後,午後は桑川駅から南下。桑川,浜新保,馬下,早川,吉浦,柏尾(かしお)を歩いた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

柏尾を発ち,南下。

 

黄昏色の国道345号線。

一番やりたい事を確かにやっている筈なのに,胸はどういう訳か苦しいままだった。訳も無く涙が流れた。

 

大荷物を背負って25kmを歩いているので,脚は悲鳴を上げつつあった。

 

柏尾海水浴場。夏の日は,最後まで強い。

 

大型犬を散歩している方に挨拶をした。犬は砂浜に下りて楽しそうに飛び跳ねていた。

 

気付けば粟島が随分と北に見える所まで歩いてきた。

 

嗚呼,最高の時間だ。

 

砂浜。

 

間島への入口。

 

ちょうど列車が通過していった。

 

黄色の時間。

 

花は咲いて。

 

間島は,比較的新しい印象。駅の北側はあまり歩いたことが無い。

 

売家があった。

 

夏の夕刻。

 

間島は集落の途中に墓地があった。

 

間島駅。この駅は何度も降りているので,懐かしさというよりも安堵すら感じた。

 

さらに南へ,脇道には入らずに急ぐ。日没が近いのだ。

 

橋を渡ると,野潟の集落に入る。

 

既に陽が届かない。

 

西を見れば,幻想的な黄金色。

 

それはもう,すさまじい色の染まり方であった。

 

西日本のような色の鮮やかさだ。

 

この辺りは立派な屋根の家が多かった。

 

長い影。

 

六角形のバス停が愛らしかった。

予定ではここからもう一つ南の大月を目指していたのだが,流石に日没に間に合いそうになかった。南下を断念し,最後は野潟で日没を見送る事にした。

 

その27(野潟・日没)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ