梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

水戸散策(8):大工町・泉町・天王町,歓楽街とソープ街の朝。

f:id:anachro-fukurou:20210623234645j:plain

横丁の朝。 2021.06.08 旦那横丁飲食店街

 


6月8日(火)。前日は午後から水戸市街を散策。駅北口から徒歩数分の「宮下銀座」のアーケード商店街,花街跡・旧奈良屋町,同じく花街跡の旧大工町周辺(現・天王町,泉町,大工町)を撮影した。

▼その1はこちらから。

 

日付は変わり,火曜日の朝。たっぷりと睡眠をとり,疲労はほぼほぼ抜けただろうか。朝食を済ませ,8時半前にチェックアウト。徒歩10分弱の場所で9時頃に現地集合となっているので,それまでの時間で街をサクッと散策する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234803j:plain

まずは大工町,旦那横丁飲食店街の朝の様子を視察。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234640j:plain

「September」を構図に絡めつつ。昨夕の妖艶な雰囲気は感じられず,街は眠りに就いたようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234810j:plain

松の木通りを南端から北上する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234816j:plain

静かな朝。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234650j:plain

松の木通りの北側。当然ながら,昨晩と変わらぬ街がそこにあるのだが,明らかに「気配」が少ない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234822j:plain

旦那横丁飲食店街を北から望む。こんな裏道なのに,車や自転車,歩行者がちらほら。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234827j:plain

ガラスの動物園」がどうしても気になってしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234655j:plain

ホワイトプラザ。朝陽を浴びて,白く輝いていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234634j:plain

これにて簡単ではあるが,大工町側の散策は終了。

続いては,県道の南側のソープ街を見にゆこう。昨日は客引きの目があり思うように撮影が出来なかったが,今日はまだ8時台,この時間なら精神的な余裕をもって散策できそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234833j:plain

そんな心の余裕があったからだろうか,昨日は見つけられなかったスナックのある路地が,いとも簡単に目に飛び込んできて驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234700j:plain

呑み込まれゆく過去。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234708j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210623234718j:plain

嘗ての店舗だろう。豆タイルで彩られた曲線の壁が印象的である。。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234713j:plain

 その北にも,派手な建物が。これも恐らくは店舗の跡だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234724j:plain

さて,天王町の大ボス「クイーンシャトー」と正対する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234840j:plain

客引きが居ない早朝(といっても8時半,既に女性の姿をちらほらと見掛けている),とにかく撮影しやすい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234845j:plain

これがフクロウ流の「早朝ソープ」であるw

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234730j:plain

朝陽を浴びて,緑も建物も妙に生き生きとしていたのが印象的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234735j:plain

ぴかぴかの看板が取り付いていると,街並みの古さは感じられなくなるのだが,建物の躯体自体は相当な年季が入っているのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234740j:plain

パラダイス。「paradaisu」というスペルの看板もあり,少々苦笑。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234745j:plain

どこまでも,とことん猥雑だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234750j:plain

リネンサプライが作業中。いかにも。

 

f:id:anachro-fukurou:20210623234758j:plain

最後に,レリーフのある大きな壁を撮影し,この日の朝の散策は簡単に終了。

引き続き徒歩で,仕事へと向かった。

 

水戸駅前にて,バスの定点観測へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ