梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

新座散策(1):新座駅から西武商店街へ。

夕刻のバス停。 2022.06.02 新座

 


6月2日(木),ふと思い立って仕事を早々に切り上げ,新座にやって来た。

予てから訪れようと思っていた西武中央商店会を目指し,斜陽に色付く街を歩く。

 

不二家の煙突。

 

武蔵野線の貨物線的表情。

 

栗の花の臭いに,5月下旬~6月上旬らしさを感じる。

 

googleは時々,未舗装道を案内してくるから面白い。学校のグラウンドの横を通り抜ける未舗装道,妙に印象的な空間だった。

 

柔らかそうな土に,柔らかい光。

 

6月を迎えた新緑。

 

オートパーツ。

 

新座駅方面からやって来たバスに追い越された。

 

野郎の休息。

 

島のような緑。

 

とても光が綺麗で,盛夏のような色合いであった。

 

錆を目印に,関越自動車道を超える。

 

西武商店街が見えてくる。

 

早速,東芝の乾電池自販機がお出迎え。

 

模型店,立派だ。

 

肉屋の装テンが西日に燃える。

 

長屋形式のビルが,この商店街の象徴的存在である。

 

実に艶やかな夕刻だ。

 

西武中央商店会,西武商店街とも呼ばれる。

 

アーケード下のバス停。

 

ちょうどコミュニティバスがやって来た。

 

水道,もう使われることは無いのだろう。

 

陰翳,色彩,内外の空間の緩やかな共存。非常に均整の取れた美しい空間であった。

 

清瀬から旭が丘団地までの西武バス(清63系統)が,それなりの頻度で運行している。ここは埼玉県新座市なのだが,東京都清瀬市との市境。生活圏・文化圏としては,新座ではなく清瀬に属しているといっても良いのかもしれない。

 

薬局前にて。

 

光の印象。

 

夕べの花。

 

剥き出しの昭和。

 

壮観だ。

 

「花夢音!せいぶ」の文字列が整然と,空に並んでいた。

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ