梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

沼田逍遥(6):鍛治町・坊新田町,夜のスナック街を散策。

f:id:anachro-fukurou:20210509145435j:plain

闇夜。 2021.03.10 沼田

 


2021年3月10日(水)。中之条での現地実験の前日,昼前に出発し,群馬県内を散策。水上温泉水上駅前を歩き回り,夕方に沼田に移動。中心街を歩き続け,ついに黄昏を超えて夜になった。

▼その1はこちらから。

 

予定していたエリアを回りきれぬまま,辺りはすっかり暗くなってしまった。列車の時間までもう暫く,散策を続けよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145316j:plain

レストラン花。丸窓が印象的。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145322j:plain

中村米穀店。羽のデザインのシャッターは,アメカジの服飾店のよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145327j:plain

「あけぼの通り」を西に切り込むと,現役のスナック街が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145332j:plain

たばこ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145337j:plain

アールの付いた建物。赤線のような美貌。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145342j:plain

どこに行っても「あけぼの通り」と書いてあるのはさておき,なんとここにもサントリー会館を発見。神経衰弱のようだが,沼田で2軒,同名を掲げたビルがあるとは。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145347j:plain

宵闇にネオン。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145353j:plain

漆黒の闇夜,ぽつんと食堂が営業中だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145358j:plain

酒店と,「シーフード」を掲げた店。旧鮮魚店だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145404j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210509145409j:plain

花街一番街。

 

f:id:anachro-fukurou:20210508000917j:plain

この一帯,スナックだらけじゃないか…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145415j:plain

さらに一本東に移動。スナック「人やすみ」と「シルク」。街灯が寂しげに点っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145420j:plain

味蕾。この単語,恐らく本来は専門性の高い言葉だと思うのだが,何故こんなに人口に膾炙したのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145425j:plain

暗すぎてディテールが見えなかったのが惜しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145430j:plain

須賀神社を回り込んで,北側の道へ。なかなか年季の入った面白い建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145440j:plain

どうしてこんなにスナックだらけなの…。この辺りも明るい時間帯に歩きたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145445j:plain

蕎麦屋

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145450j:plain

中村米穀店の角から,あけぼの通りを西に抜け,269号線へ。有坂時計店を見て,ここでタイムリミット。滝坂を駆け下り(歩いて下れる角度ではない急勾配なのだ),沼田駅へと戻ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145456j:plain

闇夜,再びトラス階段へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145502j:plain

あまりにも人気が無くて,ちょっと怖い。数十メートル前を歩いてた地元の方も,懐中電灯を持って歩いていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145506j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210509145512j:plain

最後に振り返る。象徴的存在よ,去らば。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145517j:plain

酒屋。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145522j:plain

駅前には,名物の焼まんじゅう店。残念ながら営業している気配は無かった。

211系で沼田を発ち,渋川へ移動。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145527j:plain

211系も,だんだん古参として見えるようになってきた。

幼い頃,211系の大きなおもちゃを持っていた。バザーで買ってもらったのだったか。ステンレス車両は被写体としてはあまり関心がないのだが,そんな原体験があるので,自分にとっては少し特別な存在である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145532j:plain

改札を出る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145544j:plain

ホテルにチェックインする前,渋川の街も,少しだけ散策。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145538j:plain

パブ・ドール。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145550j:plain

高級スナック ローン。

絵で見ても伝わりにくいかもしれないが,一切の音がしない闇夜を想像していただくと,その怖さが少し感じられるだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210509145555j:plain

D51は,公園に眠る。

これにて,昼の水上から続いた散策を終了。コンビニで夕食と翌日の朝食を調達し,チェックイン。フロントでは,40代と思しき男性が,新人教育を受けていて,自分はその対応の練習台のようだった。サービスでオロナミンCを貰い,部屋へ。値段の割には古めかしい作りだった。シャワー,夕食,写真整理を済ませ,翌朝に備えて就眠。

 

渋川,早春の朝(1)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ