梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

山形県酒田市(1):最上屋旅館の最上階に泊まる。

二泊の贅沢。 2022.08.28 最上屋旅館

 


8月28日(日),酒田出張の前日は,羽越本線沿線をひたすら歩いた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

19時に間島を発ち,21時に酒田駅着。1kmほど歩いて最上屋旅館に投宿した。

最上屋旅館は大正15年の建築。材木商だったので良い木材が使われたと伝えられている。

今回の出張は2泊2日で,4畳半が二間続いた最上階の部屋にお世話になった。到着したその日は草臥れ果てていたので,風呂の後はのんびり過ごした。

 

この二間を使えるのである。

 

廊下。

 

ようやく酒にありつく。

 

そして麓井。大好きなんだな…。

草臥れていたためか,四分の一ほどを残したまま手に持って寝てしまったようで,夜中に軽く顔に浴びて目が覚めた時には暫し呆然としたのだった。

 

涼やかな朝。

 

朝食。

 

1階の朝食会場。

 

部屋は建具が美しい。

 

西側の四畳半。最上階は冷房が無いのだが,8月末の朝晩は十分に涼しかった。

 

東側の四畳半。

 

欄間も照明も綺麗。

 

最上階はこの部屋のみである。

 

急階段。

 

洗面。タイルが綺麗だった。

 

玄関。

 

2階に上がる階段。

 

木が美しい。

 

外観。

 

出張・散策を終えて戻って来た。

 

夕食,丁度良いボリューム感で,とても美味だった。

 

1階の仄暗い廊下。

 

Victor.

 

玄関。

 

酒田船箪笥。船が沈没しても水が入らず沈まないよう,外側は欅,内側は桐が用いられているという。

 

雉杢の屋久杉天井。

 

3階への階段。

二泊目の夜は実にのんびりと過ごすことが出来た。また機会があれば,次は2階に泊まりたいと思う。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ