梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

山形県酒田市(2):中央東町とその周辺,黄昏散策。

夢路。 2022.08.29 酒田

 


8月29日(月),酒田出張の初日を終えた。前日からは最上屋旅館にお世話になっている。

▼最上屋旅館編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

日没は近かったが,宿に戻る前に遠回りして,散策することにした。

 

中通り,オレンジの印象。

 

フルーツギフト。

 

夏の暮れ。

 

可愛い。

 

中通りの北,二番町のどこか。

 

ひまわり。

 

仏壇店。

 

寺町通りに出た。

 

セントラルホテルの脇の,気になる袋小路へ。

 

すやすや。

 

短い階段の上から。

 

背中側は寺である。

 

空隙。

 

錆びた新聞受。

 

「まだ居たのか。」

 

じゃね。

 

寺町通りを西へ。

 

国道112号線を北上。

 

街角の旧商店。隅切りのガラスブロックと塔屋が印象的だ。

 

背面側。

 

這い上がる。

 

黄昏の木枠。

 

西側を見る。時間が無いのでこちらは歩かなかった。

 

国道を北上。「ペットフレンズショップ」,可愛らしい。

 

中央東町1の路地へ。

 

ブルーモーメント。何,「大学」と書いてある…?

 

この短時間の散策の主目的は此処であった。前日,駅から宿への真っ暗な夜道を歩いた際に,非常に気になった一角である。

 

緩やかな坂,カーブ,連なる家屋。

 

中には三階建もある。

 

繁華街の残滓。

 

妙にデコラティヴな建物が多いのだが,少し色気のある街だったのだろうか。

 

いよいよ散策も限界が近い。何とか此処に間に合ってよかった。

 

絶妙なカーブ。

 

夢路。

 

そして黄昏へ…。

 

そして夜の帳が下りる頃,最上屋旅館に戻った。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ