梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

北九州・若松散策(3):中川町は,時空の歪みの中に。

f:id:anachro-fukurou:20201228175449j:plain
生活感。 2020.08.22 中川町

 

8月22日。早朝から動き始め,時間の許す限り北九州市の木造アーケードを巡る一日も,いよいよ終盤に差し掛かりつつある。洞海湾を時計回りに走り,到津市場,筑豊商店街,枝光中央商店街,前田中央市場・堀川市場,貞元市場を巡ってから,若松に到着。まずは大正町商店街・ゑびす市場を撮影した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここからは,4年前の若松探訪の際に切り込むことの出来なかった中川町へと足を伸ばす。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175350j:plain

早速,凄まじい雰囲気を醸し出している,旧店舗と思しき建物がお出迎え。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175457j:plain

空撮で見ても分かる通り,この一角だけが明らかに異質で,時空の歪みの中に取り残されたようである。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175355j:plain

余所者が往来するような場所ではなく,散策は上級者向けである。どこかから見られているような,居心地の悪さを感じる。もはや人家の中に居るようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175359j:plain

更地になっている部分も,嘗ては似たような古屋が建っていたのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175453j:plain

住民のみが歩行を許される道。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175403j:plain

大通りからほんの数十歩の距離に,明らかに代謝していない街が残存していることが不思議でならない。異様な静寂が,一帯を重苦しく包み込んでいる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175502j:plain

それでいてなお,生活は営まれているのだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175507j:plain

自分にはこの道に切り込んでゆく勇気がない。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175513j:plain

想像(或いは下調べ)よりも,住戸の外装が修繕されていた印象だった。住人の居ないバラック状の建物は一つ一つ解体され,次第に歯抜けになってきているということだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175518j:plain

こういった,一般的な感性で捉えると「影」になるような場所にまで視線を送り,認識するということは,様々な思考の礎として必要な事だと個人的には思っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175523j:plain

それにしても,旧赤線だった筈だが,こんな状態で今なおドサクサしている場所,日本中どこを探しても無いのではなかろうか…。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175528j:plain

用途ゆえの2階建てか,と思うと,これまた複雑な感情が去来する。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175408j:plain

倒壊した家,トタニズム建築,軽自動車。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175412j:plain

当然ながらプロパンガスである。あまりの空気の重苦しさに,ここで流石にギブアップ。中川町を脱出して,コインパーキング方面に戻ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175533j:plain

緩やかなカーブが美しい,嘗ての商店街と思しき道路。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175417j:plain

主役級の建物こそ少ないが,一軒一軒に味がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175421j:plain

煉瓦塀があるのは,北九州らしさなのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175444j:plain

見落としそうな所にも路地があり,煉瓦塀もある。この街の魅力を100%理解することなど,到底できそうにない。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175426j:plain

一部3階建は,荻窪駅北口の裏手を彷彿とさせる。もちろんこちらは裏側で,この建物の正面側は大正町商店街だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175430j:plain

若戸大橋の下までやって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175435j:plain

橋の袂には,杤木ビル(とちきビル)。1920年に建設した,杤木商事株式会社(現在は杤木汽船)の本社ビル。門司・三井倶楽部の設計者でもある松田昌平がデザインしたという。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175544j:plain

現在もテナントビルとして活躍中である。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175538j:plain

ディテールの高級感。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175439j:plain

小ぶりなこともあり,外観のインパクトはやや弱い。願わくは内部も見学してみたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20201228175549j:plain

対岸は工業港。これぞ北九州,という景色だ。

さて,そろそろタイムリミットを意識しながら探訪する場所を選ばなければならない時間になってきた。選択肢が多くて迷ったのだが,やはり自分が日本一好きだと思える建物に立ち寄らずにこの地を後にすることはできない。4年ぶりに上野海運ビルを訪ねることにした。

その4(上野海運ビル)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ