梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

五能線キハ40,最後の秋(19):小入川橋梁,スポットライトを浴びる。

f:id:anachro-fukurou:20210404223734j:plain

スポット・ライト。 20.10.31 五能線 あきた白神~岩館

 


2020年10月31日(土),秋の五能線を追い求める撮影行の2日目。早朝から陸奥柳田~越水の「山線」区間で数々の列車を撮影してきた。

▼一番列車の記事はこちらから。 

 

朝から計7回,これで午前中の撮影は終了である。ここで西へと大移動。深浦のマックスバリューで昼食を調達し,深浦・十二湖という2大観光地をスルー。1時間強のドライブで,あきた白神~岩館,小入川橋梁を河口側から見る撮影地にやって来た。2531Dをはるばる迎えにやって来た訳だ。

橋梁の近くの砂浜から,仰角を付けた撮影を試みる。同業1名に挨拶をして,立ち位置を決める。雲の動きが怪しい。太陽に恵まれてこその小入川橋梁のアングルなのだが…。ビデオを回して待機すると,右手からジョイント音が聞こえて来た。背景の山には光が当たらず色が出なかったが,念じ続けた甲斐あってか,列車に対しては陽光が差した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210404223728j:plain

スポットライトのような太陽光が作り出す,不思議なコントラスト。列車は高く長い小入川橋梁を渡る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210404223741j:plain

ジョイント音と波音を聴きながら。

 

その20(十二湖,穏やかな入江の傍らをゆく)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ