梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

東伊豆町散策(7):伊豆熱川,中心街の夕べ。

無人の階段。 2022.06.04 伊豆熱川

 


6月4日(土)。Twitterの相互フォロワーさんと東伊豆町へ。伊豆北川駅で下車し,坂と階段の多い集落を散策。その後伊豆熱川に移動し,バナナワニ園を閉園時刻まで堪能した。

▼バナナワニ園・前編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

分園から歩いて,熱川の中心街まで下りてゆく。

 

曲線の印象。

 

川沿いの風景。

 

立ち上る水蒸気。

 

水辺の緑が生き生きとしていた。

 

あれもどこかの社員寮だったのだろうか。居住者の気配はなかった。

 

不思議な空間を司る白猫。

 

階段と木造電柱。

 

熱川駅の西側,階段から坂道へ。

 

至る所から蒸気が立ち上る。

 

裏と裏を背中合わせにしたような空間だった。

 

この筋では有名どころ。

 

 

緑に呑まれる。

 

初めは人工物があるのに気付かなかった。

 

「旬」は越えた物件だが,緑に呑まれる外観からは迫力が感じられた。

 

未舗装の坂を下る。一応は遊歩道のようなのだが,人の気配は皆無だった。

 

中心街へ。

 

川の上に。

 

ランタナ。

 

濁川に掛かる橋。

 

ホテルおおるり。2020年から休館し,昨年に閉館したらしい。

温泉街の朽ちる巨体を見ると,何とも物悲しい気分になる。

 

ご飯中失礼しました。

 

色鮮やかではないが,それでも涼やかで心地良い雰囲気の夕暮れ時だった。

 

その8(終)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ