梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

北九州工場夜景(1):新日鐵住金八幡製鉄所(現・日本製鉄九州製鉄所)の夕景。

f:id:anachro-fukurou:20210906214744j:plain

工場夕景。 2016.08.25 新日鐵住金八幡製鉄所

 


2016年8月25日(木)。建築学会大会を中座し,戸畑でレンタカーを調達。「聖地」の一つ,北九州の工業地帯で工場夜景の撮影を試みる。まずは「工場夕景」の撮影のために,小倉の延命寺臨海公園へと向かった。

駐車場に車を停め,海辺へと歩くと,ちょうど夕空が焼け始めた頃だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214659j:plain

新日鐵住金八幡製鉄所(現・日本製鉄九州製鉄所)が鎮座する。撮影地点から1km以上離れているのだが,この迫力である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214704j:plain

漣が空を映す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214708j:plain

silhouette.

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214712j:plain

3連の煙突から時折,ピューッと煙が吐き出される。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214717j:plain

威容。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214722j:plain

刻々と,橙は鮮やかになってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214726j:plain

北西にも,煙突のある夕景。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214740j:plain

太陽が姿を現そうとしている。「夕方晴れ男」を自称して久しいが,今日もその力は健在だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214730j:plain

海と雲の間。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214735j:plain

戦艦の如し。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214748j:plain

染まりゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214757j:plain

週末の夜は大煙突のライトアップがあるらしいのだが,今日はただの木曜日。夕陽が沈み,夜の帳が下りるまでが勝負だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214753j:plain

対岸までは距離があるので,構図は限られる。しかし夕空の変化が,一枚一枚を全く異なった表情に仕立て上げてくれる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214801j:plain

あっという間に空は桃色に変わる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214821j:plain

撮影地点から4kmほど離れた戸畑共同火力のプラントが,焼け残った夕空を背に佇む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214805j:plain

完全燃焼。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214809j:plain

そして色を失い始める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214813j:plain

この淡い彩りを美しいと思える感性を,いつまでも大切にしたい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214817j:plain

黄昏のキリン。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214825j:plain

炎の色。

 

f:id:anachro-fukurou:20210906214829j:plain

そして夜の帳が完全に下り,夜景が始まる。

 

その2(JNCマテリアル戸畑工場,黒崎・三菱ケミカルほか)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ