梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

化女沼レジャーランド公式見学会(2):バンガロー,ゲートボール場ほか。

褪せて咲く花。 2022.09.24 化女沼

 


9月24日(日),化女沼レジャーランドの公式見学会へ。午前中はホテルを見学。昼休憩の後,ふたたびランド内に戻って来た。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

※註 筆者はあくまで見学会への参加を推奨しています(見学会については検索すれば出て来るので,ご自身でお調べ下さい)。断じて不法侵入行為には反対します。払えば見られるのだから,趣味に対してその程度の出費は惜しまないようにしましょう。

 

午後は「自由時間」である。多くの人が観覧車の周りに集まると予想し,我々はなるべく人の少ない所から歩く。

 

バンガロー。この連休の見学会の為に笹を伐採して下さったお陰で,普段は辿り着けない場所まで良く見える。

 

しかしまあ,簡素な造りのバンガローである。

 

形だけは色々なものがあって面白い。

 

青色の屋根,晴れていればまた見え方も異なるのだろう。

 

ドームタイプが一番かわいいかな。

 

ぽつんと。

 

闇が招く。

 

続いてはお姫館。午前中に全体説明のあった場所。5年半前は正面の橋が掛かっていたと記憶しているのだが,朽ちて落ちたらしく,横道からアプローチした。

 

内部も,像が移動されたり,荒らされたりと,随分変化してしまった。躯体と壁画はなおも綺麗である。

 

扉が良い。

 

転がる橙色。もう一つは流しそうめんの近くにあった筈だが,現在は近寄る事が出来ない。

 

あちらこちらにアザミが咲いていた。

 

雨に濡れた緑が首を垂れている。

 

お姫館のアーチ。ここは「お姫舘」と表記されている。

 

5年半前の見学会では,ここが最も好きだった,といっても過言ではない。

 

あの日は冬枯れの乾いた道が続いていた。この日は秋雨に濡れた緑の道。記憶よりも景色が小さく,狭く見えた。

 

裏面のありがとう。

 

藪の中に擬態するテントが見えてくる。

 

ゲートボール場の入口。

 

此方の階段はこの先朽ちているので降りられない。

 

ゲートボール場,正面側から入る。

 

がらんどうの空間。

 

斃れる。

 

椅子たち。

 

寄合。

 

様々な壁画。

 

此処がゲートボール場であった証。

 

5年半前は陽だまりの中で椅子と寄り添うようにしていたストーブ。今は水に濡れた寒々しい空間に転がっていた。探していたのでまた会えた喜びは大きかったが,あの日に戻してやりたいような思いに駆られた。しかしそれはあくまで鑑賞者としてすべきでない行為である自覚は強く持っているため,感情としては実に複雑であった。

 

壁画の緑は,少し黄味がかっている。

 

先程の階段。

 

これは確実に踏み抜くだろう。絶対に無理をしてはいけない。

 

「ダンビーム」名前が可愛い。

 

この子も日に当たる場所の椅子の上に居たと思う。どうして皆,寒々しい方に追いやられてしまったのだろう。可哀想であった。

 

看板と,裏返った椅子。

 

集められたガラス。

 

この子も,もっと綺麗だったような気がする。

 

5年半という月日は廃墟にとっても実に長いものであることを,改めて感じさせられた。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ