梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

化女沼レジャーランド公式見学会(5):夕暮れと観覧車。

青の籠。 2022.09.24 化女沼

 


9月24日(日),化女沼レジャーランドの公式見学会へ。午前中はホテルを見学。昼休憩の後は,バンガロー,ゲートボール場,ゴルフ練習場,メリーゴーランドとコーヒーカップを順に巡った。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

※註 筆者はあくまで見学会への参加を推奨しています(見学会については検索すれば出て来るので,ご自身でお調べ下さい)。断じて不法侵入行為には反対します。払えば見られるのだから,趣味に対してその程度の出費は惜しまないようにしましょう。

 

さあ,いよいよ最後の時間は,観覧車と共に過ごそう。

 

晩秋の緑は,ところどころ紅葉している。

 

回転遊具をもう一度。

 

コーヒーカップも見納め。

 

さあ,観覧車だ。

 

黄色い円があるのはメリーゴーランドの反対側だが,こちらが正面のように見える。

 

側面。

 

錆が進行した気がする。

 

この角度から撮ると,歯車の細かさが際立つ。

 

籠。

 

階段。片側は錆びて劣化し,使えなくなっていた。

 

上る。

 

夕刻の黄色い光がほんのりと入って来て,景色を柔らかく染めていた。

 

もう一つは赤い籠。

 

見上げる。

 

籠の中を見る。ガラスは無い。

 

乗りたくなるが,流石にNGである。

 

抜けているガラスから覗き込めば,着席した雰囲気を味わえる。

 

封じられた側の階段。中段あたりが腐食していた。

鉄製の階段はこうなるらしい。

 

遊具の側に下りてきた。

 

いよいよ出発前の集合時間が近い。

 

そんなタイミングで,最後の陽光が浅く差し込んだ。

 

感嘆。

 

褐色の時。

 

箱とともに。

 

あと10分でいいから,この景色を眺めていたかった。

可能であれば,このままずっとここに立っていたかった。

 

しかし時間は来てしまった。

 

大急ぎでバスに戻る。さらば,観覧車。

仙台への車中,写真を整理しながら車窓を眺める。西側の雲が切れ,とんでもなく鮮やかな夕景となっていた。夕方晴れ男の力をこんなタイミングで発揮してしまうとは…空の美しさが却って悔しかった。

 

仙台では2日連続の3人会。

 

仙台銀座で焼肉。2日連続でも話は尽きない。

 

2軒目は初めの30分ほど顔を出し,21時頃の新幹線で一足先に帰京した。1,000円ほど立て替えて貰ったので,次の機会に返すことにしたのだった(12月に無事に調整した)。

 

ありがとうございました。

 

駅ではE2系のリバイバル塗装に出会い驚いたっけ。

さて,化女沼を次に訪れるのはいつになるだろう。その時,俺はそこに何を求めるのか。園内には何が残り,何が失われているのだろうか。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ