梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

化女沼レジャーランド公式見学会(4):メリーゴーランドとコーヒーカップ。

白馬の夢。 2022.09.24 化女沼

 


9月24日(日),化女沼レジャーランドの公式見学会へ。午前中はホテルを見学。昼休憩の後は,バンガロー,ゲートボール場,ゴルフ練習場などを撮った。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

※註 筆者はあくまで見学会への参加を推奨しています(見学会については検索すれば出て来るので,ご自身でお調べ下さい)。断じて不法侵入行為には反対します。払えば見られるのだから,趣味に対してその程度の出費は惜しまないようにしましょう。

 

緑の道を縫い,一度大きく回り込む。

 

そしていよいよ,観覧車のあるエリアにやって来た。

 

メリーゴーランドも見えてくる。

 

コアなファンの居る箱。立ったり寝たりを繰り返しているようだが,この日はきちんと立っていた。

 

8号車とともに。

 

メリーゴーランド。

 

夏は銀の馬と観覧車を絡めた構図が撮れない。

 

バリエーションの豊かさ,愛らしさ。遠い日の純粋な心を呼び起こしながら,動かない遊具と対峙する。

 

力感のある白馬に,緑が絡み付く。

 

可愛らしくて大好きだった絵。錆が進んでしまったのを見て,哀しくなった。

 

一つ一つ丁寧に見て回るが,存外藪が深く,近寄れないものもあった。

 

晩秋。

 

そして観覧車。

 

籠の扉が開いている。

 

こちらはクライマックスに残しておこうと思う。

 

コーヒーカップの足元にある絵。

このくらいの緩いタッチが,やはり我々世代は懐かしいのだ。

 

アスレチックは5年半のうちにかなり朽ちてしまっていた。

 

ミニSLとの対峙。

 

ここまで緑に呑まれてしまうのかと驚きつつ,再会を喜んだ。

 

裏面,いや,こちらが正面だろうか。

 

回転遊具の花。

 

ふたつの円。

 

光の加減の影響もあるだろうが,5年半で随分と色褪せたように感じた。

 

コーヒーカップ。

 

この5年半で最も風化の進行した遊具である。

 

あの日,温かかったハンドルを,もう握る事が出来ない。

 

軸から外れ,ソーサーから転がり落ちたカップ。

こんなにも傷んでしまうのかと,哀しく虚しい気持ちになった。

 

ほんのりと光が黄色くなってきた。西の雲が薄いらしい。

陽光に恵まれる事を祈りつつ,最後の時を過ごそう。

 

その5に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ