梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

水上逍遥(5):水上駅前,断崖にへばりつく街と廃ホテル。

f:id:anachro-fukurou:20210504193306j:plain

巨大廃ホテル。 2021.03.10 水上

 


2021年3月10日(水)。中之条での現地実験の前日,公共交通が混雑しない昼前を狙って出発し,少しばかり群馬県内を散策することにした。上毛高原から関越交通に乗り換え,水上温泉の中心街を一通り歩き回った。

 

中心街があまりにも面白かったので,予定時間を大幅オーバー。強風の影響でダイヤが乱れていたが,乗車予定の列車を水上駅の手前で逃してしまった。次の列車まで1時間ほど時間があるので,駅前の街もじっくり見て回ることにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193058j:plain

ひときわ目に付くのがこの建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193103j:plain

ホテル大宮。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193108j:plain

廃墟としても,或いは心霊スポットとしても有名。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193113j:plain

下を見ると,急傾斜地に建っていることが良く分かる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193119j:plain

深い谷。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193124j:plain

夢の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193131j:plain

隣の旅館に向けて降りる階段。折角なのでお邪魔する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193136j:plain

ここで行き止まり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193141j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504193146j:plain

光のない階段。。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193152j:plain

ホテル大宮を横から見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193158j:plain

水上駅前には,強風で運休した上越線代行バスが停まっていた。湯檜曽・越後湯沢方面に向け,十数人が搭乗中だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193203j:plain

駅前通りに並ぶ建物の中を貫通するように,川沿いの道に向けた階段が伸びていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193209j:plain

建物の脇にも階段があったので,こちらを降りて行ってみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193215j:plain

断崖に沿う建物。何だこれは…。増改築を繰り返した結果だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193220j:plain

住宅とも旅館ともつかぬ,背の高い建造物たち。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193226j:plain

長屋状の高層建築…アジアである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193232j:plain

何が何やら,良く分からない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193244j:plain

急勾配の水路。轟音を立て,水が落ちるように流れてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193238j:plain

路地,階段,水路,バラック様の建築。立体的な構成は類例を見ない複雑なものであった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193250j:plain

さて,ここは現役か。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193256j:plain

或いは廃墟か。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193301j:plain

路地を抜け,幅の広い道に出る。赤い階段のアパート。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193007j:plain

ホテル大宮の裏面である。宿泊者からすれば表側か。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193012j:plain

窓のディテール。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193000j:plain

ここが真の1階部分だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193317j:plain

窓が朽ちていたので,少しだけ覗いてみる。宴会場だったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193313j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504193323j:plain

巨体は,土に還ることは無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193328j:plain

ここもアパートだろうか。住人の気配は無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504193333j:plain

袋小路から折り返し,北へと歩く。

青空の下。水音が微かに聞こえるのみ。閑寂の温泉街に再び人の声が響く日は,果たして来るのだろうか。

 

水上逍遥その6へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ