梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

夜の中野駅(4):闇に佇むワールド会館。

f:id:anachro-fukurou:20210307161138j:plain

魔窟の夜。 2021.03.06 中野駅北口

 

2021年3月6日(土)。緊急事態宣言の延長が発表された直後の土曜日,中野駅北口の歓楽街は一体どのような様子なのだろうか。22時台に散策してみよう。

念のため書いておくが,筆者は単独行動。公共交通を使わず徒歩で訪れ,一切の店舗に入らず,マスクの着用を徹底し,一切の会話をしていない。

▼その1はこちらから。

 

続いては,中野随一のディープさを誇るワールド会館を見てゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161115j:plain

客引きのいる白線通りを歩き,北側を見る。中野新仲見世商店街の看板が光る。人の往来はほとんど無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161122j:plain

昼とはまた一風変わったオーラを放っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161127j:plain

「魔窟」の夜の姿。2階より上に,灯りは見えない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161144j:plain

深い静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161226j:plain

1階の店は営業しているところもあった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161132j:plain

階段を上り,お邪魔してみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161150j:plain

2階。坊主バーが営業自粛中のため,踊り場部分の電灯も消されていた。暗順応するまで少し時間を要するような暗闇だが,どうにか手持ちで撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161156j:plain

2階から3階へ。

 f:id:anachro-fukurou:20210307161202j:plain

ファサード側から差し込む光と影が,空間に細い斜線を引く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161213j:plain

赤い天井,ガラスブロックの壁,華奢な手摺。そのデザインの秀逸さを改めて認識させられた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161207j:plain

白線通り方面を見下ろす。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161219j:plain

新宿の目ならぬ「中野の目」。オレンジのファサード部分を裏から見るとこのような形になっている。スタイリッシュさとダサさが絶妙なバランスで共存している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307162107j:plain

廃墟探索とも異なる,独特のスリルがあった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161231j:plain

ワールド会館周辺の,ユルい作りの広場。このあたりも新仲見世になるのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161238j:plain

ぴったりと並ぶ建物たち。左端の店では店員が作業をしていた。真ん中の3軒からは,気配が感じられなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161244j:plain

広場の「島」部分を見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161252j:plain

北を向く。やはり静かだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161259j:plain

配色と配置が絶妙な2棟。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161306j:plain

白線通り側への出口部分まで,ほぼすべての店が閉まっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161443j:plain

最後は,ワールド会館から東側に伸びる路地。裏面と裏面が向かい合わせになった空間に,人など居る筈もない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161436j:plain

無造作に置かれた自転車。

 

f:id:anachro-fukurou:20210307161431j:plain

街に活気が戻るのは,まだ少し先の事になりそうだ。

 

これにて散策を終了,徒歩で帰宅。夜の散策も,たまには面白いものだ。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ