梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大津・長等3丁目,柴屋町遊郭の妓楼跡。

f:id:anachro-fukurou:20200321213858j:plain

(妖艶。2020.03 長等3丁目)

 

大津駅から徒歩10分弱,長等3丁目。嘗ては「柴屋町遊郭」として名高く賑やかな場所だった。前記事では,多くが廃墟と化しつつあるスナックを中心に探索した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

今回は街区の南西側,妓楼跡が残る場所を歩く。 

 

f:id:anachro-fukurou:20200321214016j:plain

もっとも往時の姿を良く残している建物。今となっては大津・柴屋町遊郭の看板的存在だ。その昔は,目抜き通りに3層の妓楼が数軒あったというが…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213853j:plain

間口よりもかなり奥行がある。雨漏りも酷い様子だった。どうにかして後世に残せないか,知恵を絞りたい所だが…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213848j:plain

すぐ横には水路のような川が流れている。

f:id:anachro-fukurou:20200321213844j:plain

隣にも数軒,妓楼の跡が残る。こちらは住宅として現役のようだ。

f:id:anachro-fukurou:20200321214030j:plain

屋号が残る。

f:id:anachro-fukurou:20200321214020j:plain

この物件の横には細い路地。ここ,「抜けられます」。

f:id:anachro-fukurou:20200321214026j:plain

飾り窓と鉄格子の窓が並び,奥はL字のコーナー。右に曲がる。

f:id:anachro-fukurou:20200321214036j:plain

右に曲がり,振り返る。現役の家屋たちも,その昔は妓楼だったのだろう。

f:id:anachro-fukurou:20200321213902j:plain

再び前を向く。2階の空間が路地の上にまでせり出してきている。

f:id:anachro-fukurou:20200321213907j:plain

「美幸クラブ」。この路地は目抜き通りに繋がる。

f:id:anachro-fukurou:20200321214010j:plain

3丁目北側の通りは交通量が多かった。道沿いにある「豆信」は料亭として現在も営業中。なかなかに良い値段のするお店のようだが,機会があればお世話になってみたい所だ。

f:id:anachro-fukurou:20200321213840j:plain

最後は長等3丁目の南側の通りを歩き,大津駅へと戻り,東京への帰途に就いた。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ