梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

桐生散策(7):斜陽を浴びる「ナイトクラブ姫」と,黄昏のスナック街。

ナイトクラブ姫。 2022.02.27 桐生

 


2月27日(日),桐生へ。末広町・本町通り周辺の街並みと近代建築を見て回り,「五十番」で昼食休憩。午後は駅南口へ移動し,巴町・本町6丁目,仲町3丁目,2丁目の南側を悉皆的に歩き,日没が徐々に近づいてきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

仲町2丁目は実に奥深い街である。まだ広見通りの北側を引き続き散策する。

 

油断すると見落としそうなスナック。

 

何となくクロアチア感。

 

あの子はどこへいった。

 

夕陽は木の陰翳と立体感をつぶさに浮かび上がらせる。

 

路地へ。

 

鏡。

 

なかなかにハードルの高い空間だ…。

 

目抜き通りに戻り,北上を続ける。

 

脇道に逸れて,space shuttleを見つけた。

 

妙に凝った意匠だ。洒脱ではなく珍奇に近い。

 

ナイトクラブ姫。

 

正直なところ,これは計算ずくであった。一日の終わりに太陽光を浴びている様子を見るならば,此処しかないと決めていた。隣地が駐車場なので,晴れの予報であれば,かなり浅い角度の陽射が降り注ぐと解っていたのだ。既定の行程であったとしても,その美しさに心が震えればそれもまた素晴らしかろう。

 

飲まれるディテール。

 

浮かび上がる文字。

 

金色の冬枯れの真骨頂だ。

 

流石に現役ではないと思うが,さほど荒れている訳でもない。

 

冬入日を見送る。

 

街灯も頬染める夕べ。

 

いよいよ黄昏の足音が聞こえてきた。

 

当たり前だが,やはり冬は昼が短い。

 

ナイトラウンジ。

 

泉町通りに出た。ここでようやく仲町2丁目と本町の北端である。

 

ここで南へと折り返し,姫に惜別。

 

フィリピンショーパブ。

 

クランク路地に戻って来たが,この日の光線状態は常に最高難度だった。

 

美容室が営業中だった。

 

周辺よりも一足早く,夜に飲み込まれようとしていた。

 

街灯がぼんやりと点った。

 

帰りたくない…。

 

この時間ならではの寂寥に対し,良くも悪くも中毒である。

 

田んぼとサファイア。

 

今日が終わろうとしている。

 

狭隘な空間に挟まったスナック。

さて,いよいよ散策も終わりが近づいてきた。

 

その8(終)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ