梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

赤羽散策(2):桐ヶ丘中央商店街,夏の夕暮れ,日曜日。

優しい時間。 2022.07.17 赤羽

 


7月17日(日)は夕方から「オフ会」のお誘いを頂き,総勢4名で赤羽を散策した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,外縁を巡ったところで,ようやくメインディッシュ・桐ヶ丘中央商店街へ。

 

帰って来た,という感覚。再訪ならではの安堵感である。

 

看板も健在。

 

北を向いているのだが,7月の夕刻は半逆光になる。

 

肉,米,美容室,魚に天婦羅に蕎麦…ここで何でも揃った時代が確かにあったのだ。

 

「中止」の文字が儚げに。

 

商店街の象徴。

 

夢を見ている。

 

夕風に靡く万国旗を,いつか見た景色に重ねてしまう。

 

色使いにも一定の制約があり,それが統一感を齎しているのだろう。

 

オーム電機の看板も健在。

 

台湾惣菜の商店は営業中。「串ロボ」がひときわ目を引いた。

 

玩具屋。

 

いよいよ陽光は力を失いつつある。

 

このあたりの絵は記憶に無いので,近年描かれたものだろうか。

6年半前の写真を見返してみたら,米店も美容室も寝具店もしっかり営業中だった。今も平日に来れば開いているのだろうか…?

 

上階からこの景色を眺めてみたい。

 

ディック・ブルーナ風の肉屋の看板も健在で嬉しかった。

 

ディテール。

 

ひとり。

 

静かな脇道。

 

西側の外縁。

 

黙然。

 

赤錆のシャッターは,間接的な陽光に黄色く染まる。

 

この居心地の良さ,安心の源は何であろうか。ひととひとの有機的な営みの存在(少なくとも,嘗てはしていたという事実)を認識したことに起因する安堵感であろうか。自分が街に,或いは被写体に何を求めているのか,今一度考えさせられる,そんな場所である。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ