梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

北九州・木造アーケード(6):今なお活況,枝光中央商店街の明るさ。

f:id:anachro-fukurou:20201120181429j:plain

いらっしゃいませ。 2020.08.22 枝光中央商店街

 

8月22日。時間の許す限り北九州市の木造アーケードを巡る一日である。到津市場に続いて,八幡東区筑豊商店街を堪能。縮小する木造架構を記録に納めた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,移動して,枝光中央商店街へ向かう。筑豊商店街と同じ八幡東区山陽新幹線を越えて鹿児島本線枝光駅方面へ。スペースワールドの跡地からわずか100mほどの所に位置する商店街である。改めて考えると「えだみつ」という地名はかなり独特な感じがする。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181442j:plain

アーケード商店街は歩道にまで展開している。コアの部分の入口はどこだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181446j:plain

切妻屋根が並ぶ。「枝光本町商店街」という,名称の揺らぎも見られる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181451j:plain

対岸から望遠で覗き込んでみる。少し道が曲がりながら,突き抜けた先の光も見えている。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181437j:plain

横断歩道を渡る。ここでソフトクリーム食べるのも悪くなかったかな,と,後から思ったり。

さて,中へ切り込んでゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181210j:plain

棟木と1本の母屋の間がすべて明かり取りになっていて,かなり明るい。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181157j:plain

架構がかなり高いところにあり,逆光なので,アーケードの様子が見づらい。その下には,蛍光灯と鯉幟が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181206j:plain

 ずらりと並ぶこの感じ。明るさ,色調,そして現役店舗の多さといい,横浜の六角橋商店街に近い雰囲気を感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181201j:plain

さて,ディテールにも目を向けつつ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181215j:plain

花屋や洋品店など,現役店舗が多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181220j:plain

アリナミンをでかでかと看板に掲げる富士薬局。道は緩やかに屈曲する。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181224j:plain

くの字に折れる蛍光灯,ナチュラルな周辺減光。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181229j:plain

道幅はなかなか広い。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181234j:plain

ここで前を向く。明かり取りが消え,空間は薄暗くなる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181239j:plain

道の形に合わせてもう一度折れ曲がる蛍光灯。後ろを振り返る向きのほうが,圧倒的に絵になる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181243j:plain

ようやくこのあたりで木造アーケードの架構が良く見えた。基本の架構は和小屋で,斜材はトラスというよりは雲筋交いである。しかし上弦材もあるので,雲筋交いも含めるとトラスと和小屋の折衷的な架構,といったところだろうか。類例は少ないかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181248j:plain

幾十年続く日常。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181253j:plain

買い物客は多かった。八百屋のお兄さんがとても明るく話し掛けてくれた。

今回の探訪で良く分かったのだが,カメラを2台持ちして,うち1台にストロボを付けた状態で撮影していると,ガチすぎて却って警戒されない。「何かの撮影なのか」と訊かれることが何度かあり,その度に「趣味です」と答えるのは少しばかりバツが悪かったのだが,「この人何をしているんだろう…」と訝しく思われるのがこちらとしては最も不本意なので,それよりは遥かに良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20201120181258j:plain

蛍光灯と電球。

フォトジェニックな空間で,ここまでの十数メートルの範囲内ですら,構図にきりが無い。

その7(枝光中央商店街・その2)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ