梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

雑司が谷散策(3):木造アーケード商店街「雑二ストアー」へ。

f:id:anachro-fukurou:20210215002718j:plain

木造アーケード,至高。 2021.02.07 雑二ストアー

 

2021年2月7日(日)。夕暮れ時の雑司が谷,弦巻通り沿いに残る懐かしい街を散策している。

▼その1はこちらから。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

弦巻通りの商店街の中心部から少し西に進み,いよいよ雑二ストアーへ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002657j:plain

住宅街の中に紛れ込む,小さなアーケード商店街。こちらは「裏口」だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210214143529j:plain

反対側の入口に回る途中, 下見板の外壁をもつ家が見えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002831j:plain

雑司が谷公園の喧騒を横目に,青柳豆腐店の横から,弦巻通りの南側の入口にアプローチする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002826j:plain

こちら側が「正面」になるのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002845j:plain

シンプルな看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002712j:plain

満を持して中へ。大好物の木造アーケード,2021年初探訪である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002708j:plain

緑色の空。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002722j:plain

閑寂。商店街として営業している気配は感じられない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002808j:plain

生活道路としては現役である。犬を散歩する人がここを通って来たのには驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002804j:plain

屋根勾配が,他所と比べるとやや急である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002822j:plain

宵闇に飲み込まれようとしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002727j:plain

室内から漏れる灯りの暖色,蛍光灯の青白さ,ポストと装テンの朱色。絶妙な取合せ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002731j:plain

緩やかにカーブする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002736j:plain

東京っぽくない景色。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002740j:plain

青のシャッターと木造アーケード,至高である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002745j:plain

内と外が混在する空間の美しさ,これを何度でも主張したい。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002759j:plain

弦巻通り側の出口に近付いてゆくと,色調が変わる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002755j:plain

細く暗い穴は,余所者を拒むよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210215002702j:plain

一度通り抜ける。標準レンズで一巡したので,次は広角レンズを中心に撮影してゆこう。

その4へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ