梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

天竜・二俣町(2):横町とその周辺,蔵のある街。

f:id:anachro-fukurou:20211011093913j:plain

横町。 2021.09.11 天竜区二俣町

 


9月11日(土)。3ヶ月ぶりの出張の翌日,掛川駅前と遠州森の街並みを散策した後は,天浜線二俣本町へ。天竜区二俣町の中心街,クローバー通り商店街を歩き始めた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここから更にクローバー通りを北に歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093758j:plain

天竜ハム。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093921j:plain

間口の広いクリーニング店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093802j:plain

兄弟。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093925j:plain

手前の薄桃色の建物,少し凝った意匠だが,1層の壁は後から作られたのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093806j:plain

美容室と商店跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093810j:plain

こちらはヤマタケの蔵。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093814j:plain

裏から見ても美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093819j:plain

眼鏡屋の洒落た看板。遠近感がナイスだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093823j:plain

お馴染みのVITA-ONE.

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093929j:plain

全面ガラス張りの1階。なかなか大きな商店である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093831j:plain

ビビッドに褪せてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093827j:plain

クローバー通りから西に折れ,横町通りへと入る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093835j:plain

錆びてほぼ見えなくなった看板。危うく見落とすところだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093839j:plain

建具は華奢が良い。欲を言えば木製が良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093938j:plain

おたふく窓の扉が5枚,これだけでもなかなか壮観である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093934j:plain

門柱と傾いた松の木が印象的な中川歯科医院。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093947j:plain

マルカワの蔵。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093843j:plain

土産物店として営業中のようだ。後程改めてゆっくり見てみる事にしよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093943j:plain

商店とふとん店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093917j:plain

ふとん店という響きが,過去の遺物になろうとしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011094000j:plain

夏空の下の全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093847j:plain

天竜区役所前方面へと伸びる大通りを,更に北へ。再び看板建築の並ぶ一角が見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093951j:plain

不思議な色気がある。嘗ては店舗だったのか,用途は不明である。ロボットの顔のようにも見えてしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093851j:plain

商店として現役の店は残念ながら無さそうだったが,街の規模を感じさせられた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093955j:plain

間口の広い商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093855j:plain

街角の美容室,ヘアーサロン イシハラ。

ここを今回の散策の最北端とし,来た道を戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093900j:plain

オザキ理容室。豆タイルの円柱と曲線的な持ち送りが素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093904j:plain

配色の素敵な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20211011093909j:plain

二俣川の支流を渡る橋にて。何となく気に入っている写真。

 

この後はマルカワの蔵の中を見学。さらに,奇跡的な縁とご厚意に恵まれて二俣町遊郭の旧妓楼建築の内部を見せて頂いたので,それらを一気に紹介しよう。

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ