梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

羽越本線沿線散策(20):馬下~早川の夏景色。

夏景色。 2022.08.28 早川

 


8月28日(日),酒田出張の前日は羽越本線沿線へ。午前中は碁石,鼠ヶ関~府屋を歩く。昼食の後,午後は桑川駅から南下。桑川・浜新保に続き馬下を歩いてきた。

▼桑川・浜新保はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

馬下を発つ。すっかり夏空だ。

 

あれほど澱んで見えた海が,明朗に笑っている。

 

この喜怒哀楽こそが日本海である。ようやく喜びの表情を見る事ができた。

 

夏に焼かれる。

 

海岸線と山の間の妙に広い空間が,越後早川周辺の独特の景観だ。

住居を設けやすそうな土地なのだが,芝生のような畑が広がっている。

 

空は晴れたが波は依然として高く,海岸に砕ける波濤の轟きが胸を打つ。

 

撓む甍。

 

海岸線が離れる。

 

耐える。

 

不思議な走行音を奏でながら,GV-E400が北へ駆け抜けていった。

キハ40だったら,鮮烈に印象に残る瞬間になっただろうに…。

 

畑が続く。

 

夏の色。

 

ブルーネットの区画。

 

早川の集落の入口は,畑と墓地。

 

タイル可愛い。

 

集落北端の全景。

 

そして切り込んでゆく。

 

「晴れましたね」と,言葉を交わしたっけ。

 

 

その21に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ