梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

御徒町の老舗純喫茶「丘」,昭和の空気に酔う。

f:id:anachro-fukurou:20200630190732j:plain

珈琲と軽食。 2018.06.23 丘
 

2018年6月23日。プーシキン美術館展を見に行く。そしてこれと抱き合わせにして,美術館の前に,日暮里・初音小路を撮影し,予てより狙っていた御徒町の純喫茶「丘」を訪れた。 

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190738j:plain

老舗は上野と御徒町のちょうど中間,線路の東側に位置している。昭和のデザインも,この鄙びた界隈にはしっくり来る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190725j:plain

さりげなく洒落た照明が来客を迎える。この日は小雨が降っていたっけ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190707j:plain

階段室にはコテコテのシャンデリア。天井の装飾も「一級品」である。文化財指定を受けた近代建築さながらの造作だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190719j:plain

ザ・昭和。ここまで美しく絵になる階段室も珍しかろう。撮りごたえのある空間だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190713j:plain

階段を下りると入口である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190646j:plain

店内の写真を撮ってよいか尋ねると,快諾してくださった。

内階段の照明はなお煌びやかで,フォトジェニックだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190652j:plain

地階の地階に下りてゆく。こんなデコラティブな階段,素敵すぎるでしょう。

どうせ店で過ごすなら,こういった老舗の価値ある空間を楽しんでみては如何でしょうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190700j:plain

地階にはほぼ人は居なかった。蛍光灯のグリーンが昭和の雰囲気を醸し出していた。

席ではナポリタンとチョコレートパフェを注文。

 

f:id:anachro-fukurou:20200630190639j:plain

チョコレートパフェ,美味。とてつもなく威力があったが,これから美術館に長居するためのエネルギーチャージとしては最適だった。

支払う金額以上に贅沢な時間を過ごすことが出来るのが,純喫茶のかけがえのない魅力である。「ド定番」ではあるが,お住まいや職場が上野・御徒町に近い方は,是非一度訪ねてみることをお勧めしたい。

 

 

東中野ルーブルはこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ