梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

川崎工場夜景(1):水江町の夕景,東亜石油の望遠構図。

f:id:anachro-fukurou:20200316211056j:plain

(2020.02.23 川崎・東亜石油

 

思い立って,川崎へ。川崎駅から水江町の撮影スポットまで,市バスに揺られること20分ほど。西水江バス停下車すぐの定番スポットから少し先,東亜石油前バス停の近くにある,その名の通り東亜石油のプラントを望遠で仕留められる場所で,夕景をたっぷり楽しむ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211000j:plain

2月下旬,晩冬にしては色の濃い夕陽が,入り組んだ被写体を「バリ順」で染め上げていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211255j:plain

絶妙な色彩。ブルーとブラウンの相性というのは,もっと評価されるべきだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211126j:plain

この時間ならではの質感。しかし何故だか辺りは生ゴミ臭い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210757j:plain

すでに「工場夜景」という単語が市民権を得ているし,実際にこのブログの記事名にも「夜景」の2文字を入れてしまっているのだが,個人的には肉眼と手持ち撮影で楽しめる「工場夕景」のほうが好きなのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211120j:plain

少しずつ,褐色の色が濃くなってゆく。肉眼では分からないが,撮影のパラメータを見ていると,露出が次第に落ちて行っているのが分かる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210948j:plain

望遠の解剖構図。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211114j:plain

夕刻の色。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210853j:plain

銀の要塞。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210839j:plain

錆びたパイプが美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211218j:plain

被写体としての工場の魅力の一つに階段があると,いつも思う。ここもまた良い階段スポットである。

この地点での撮影を一旦終えて,次はすぐ近く,定番の水江運河で夕景を眺めよう。

 

その2へ続く。)

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ