梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

小平散策(5):駅南口にて,夕暮れの街をスナップ撮影。

f:id:anachro-fukurou:20220416121057j:plain

東京の黄昏。 2022.02.26 小平駅南口

 


2月26日(土),9ヶ月ぶりに小平を散策。まずは北口,小平霊園の正門付近の街を歩いた。

▼その4はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

引き続き南口を歩く。今度は「小平駅東栄通り」へ。

 

なお,今年に入ってからの散策において,キャプションで書き残したい事象に対して写真の枚数がかなり増えていることを踏まえ,この記事では実験的に組み写真を用いてみようと思う。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416120951j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416120955j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416120959j:plain

栄通り,線路際の鋭角。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121004j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121011j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121008j:plain

細い道を東に歩く。時折車も通ってゆくが,基本的に人気は多くない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121016j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121239j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121244j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121235j:plain

斜陽に染まる海老茶色たち。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121247j:plain

夕暮れだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121020j:plain

遊歩道脇の「あじさい公園」。季節に来れば綺麗なのだろうが,冬枯れもまた美し。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121252j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121024j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121028j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121031j:plain

南口団地の中廊下を抜ければ駅前だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121255j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121259j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121308j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121312j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121315j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121320j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121324j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121328j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121035j:plain

17時の感傷。

この数枚を撮れただけでも,今日ここに来て良かったと思えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121040j:plain

遊歩道をさらに西に歩いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121333j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121044j:plain

鄙びた夕暮れ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121048j:plain

橙色の鋭角。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121053j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121340j:plain

現役感のない長屋だが,何処からともなくテレビの音は漏れ聞こえていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121345j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121102j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121348j:plain

看板の集会。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121106j:plain

北上すると,線路際にもう一つ,霊園関係の店舗があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121109j:plain

車両通行止めの踏切を渡る。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121353j:plain

桃色の残照。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121357j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121114j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121117j:plain

駅北口に戻って来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121121j:plain

「ちば家」の遺構は駐輪場として使われていた。すっかり暗かったので,珍しくフラッシュを焚いて撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121126j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121129j:plain

街の明かりが灯る。そろそろ帰ろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220416121400j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220416121405j:plain
f:id:anachro-fukurou:20220416121409j:plain

西武線の黄色はいつでも絵になってくれる。ステンレスに置き換わる前に,たくさん記録しておこうと思った。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ